マイ・ケミカル・ロマンス和訳

【Welcome To The Black Parade和訳】マイケミの歌詞を徹底考察&解説

welcome to the black parade 和訳

マイ・ケミカル・ロマンスのアルバム「The Black Parade」に収録されているスマッシュヒットナンバー「Welcome To The Black Parade」。

「死」に対する思いを歌ったナンバー。

和訳と意味を解説していきます。

 

 「Welcome To The Black Parade」歌詞和訳の全文

 

俺が小さいころ
父さんが町へ連れてってくれた
マーチング・バンドを見に
父さんは言ったんだ
「なぁ、大きくなったら
くじけてしまった人達の救世主にならないか?
打ちひしがれてしまって、二度と認めてはもらえない人達の」
父さんは言った
「打ち勝てるか?
心に巣食う悪魔や、信じようとしない奴ら
そいつらの企みに
いつの日か、父さんはお前に残していくことになる
夏にブラック・パレードへお前を導く精霊を」

小さいころ
父さんが町へ連れてってくれたんだ
マーチング・バンドを観るために
言ったんだ、父さんは
「なぁ、大きくなったら
くじけてしまった人達の救世主になってくれないか?
打ちひしがれてしまって、二度と日の目を見れない人達の」

時々感じるんだ、俺のことを見てるんだなって
で、そうじゃない時は前へ進まなきゃって気分になる
全てをくぐり抜けて浮き沈み、道に横たう屍たち
死んでしまうとしても、知っておいてほしいんだよ

俺達は、やり続ける
進み続けるよ
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の思いは続いてく
俺達が受け継ぐさ
心の中に留めてなんかおけない
ありきたりの歌でなんか語れやしない

ぶち壊された夢で、たじろがせる世界
悲嘆と憎悪は、俺達を皆殺しにしてしまう
そんなものは黒く塗り潰して、取り戻そう
ハッキリと叫ぶんだ
最後まで反抗してやるんだよ
呼ぶ声が聞こえる

受け継ぐために
俺達は進み続ける
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の記憶は続いてく
俺達が受け継ぐさ
貴方はくじけて打ち負けてしまっても
残された者が疲れ果てても
行進してくんだ

絶え間なく、恐怖を乗り越える
失望した仲間たちの顔
俺を見てみろって
気になんて、全然するはずないんだからさ

やるか、死ぬかだ
できやしないぜ
この世界は、俺の心を奪えはしないんだ
前へ進んで、挑んでやるのさ
やめさせられやしない
望むところさ、やってやる
釈明したり、謝ったりなんかしてたまるか
恥ずかしくなんてない、傷跡をさらすんだ
くじけたやつらに声援を
よく聴いとけよ、これが俺達だ
ちっぽけな人間で、英雄なんかじゃない
この歌を歌わなきゃいけなかった、ただのガキさ
ちっぽけな人間さ、英雄なんかじゃない
気にするかよ!

俺達は、やり続ける
進み続けるよ
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の思いは続いてく
生き続けるんだ
貴方はくじけて打ち負けてしまっても
残された者が疲れ果てても
前進し続けるんだ
俺達は進み続ける

 

 

 

【日本語歌詞YouTube!】歌詞と和訳を曲の流れで併記

チャンネル登録はクリック!

 

 

 

When I was a young boy
My father took me into the city
To see a marching band
He said, "Son, when you grow up
Would you be the savior of the broken
The beaten and the damned?"

俺が小さいころ
父さんが町へ連れてってくれた
マーチング・バンドを見に
父さんは言ったんだ
「なぁ、大きくなったら
くじけてしまった人達の救世主にならないか?
打ちひしがれてしまって、二度と認めてはもらえない人達の」

 

He said, "Will you defeat them?
Your demons, and all the non-believers
The plans that they have made?
Because one day, I'll leave you
A phantom to lead you in the summer
To join the black parade“

父さんは言った
「打ち勝てるか?
心に巣食う悪魔や、信じようとしない奴ら
そいつらの企みに
いつの日か、父さんはお前に残していくことになる
夏にブラック・パレードへお前を導く精霊を」

 

When I was a young boy
My father took me into the city
To see a marching band
He said, "Son, when you grow up
Would you be the savior of the broken
The beaten and the damned?"

小さいころ
父さんが町へ連れてってくれたんだ
マーチング・バンドを観るために
言ったんだ、父さんは
「なぁ、大きくなったら
くじけてしまった人達の救世主になってくれないか?
打ちひしがれてしまって、二度と日の目を見れない人達の」

 

Sometimes I get the feeling she's watching over me
And other times I feel like I should go
And through it all, the rise and fall, the bodies in the streets
And when you're gone we want you all to know

時々感じるんだ、俺のことを見てるんだなって
で、そうじゃない時は前へ進まなきゃって気分になる
全てをくぐり抜けて浮き沈み、道に横たう屍たち
死んでしまうとしても、知っておいてほしいんだよ

 

We'll carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And in my heart I can't contain it
The anthem won't explain it

俺達は、やり続ける
進み続けるよ
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の思いは続いてく
俺達が受け継ぐさ
心の中に留めてなんかおけない
ありきたりの歌でなんか語れやしない

 

A world that sends you reeling from decimated dreams
Your misery and hate will kill us all
So paint it black and take it back, let's shout it loud and clear
Defiant to the end we hear the call

ぶち壊された夢で、たじろがせる世界
悲嘆と憎悪は、俺達を皆殺しにしてしまう
そんなものは黒く塗り潰して、取り戻そう
ハッキリと叫ぶんだ
最後まで反抗してやるんだよ
呼ぶ声が聞こえる

 

To carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And though you're broken and defeated
Your weary widow marches

受け継ぐために
俺達は進み続ける
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の記憶は続いてく
俺達が受け継ぐさ
貴方はくじけて打ち負けてしまっても
残された者が疲れ果てても
行進してくんだ

 

On and on, we carry through the fears
Disappointed faces of your peers
Take a look at me, 'cause I could not care at all

絶え間なく、恐怖を乗り越える
失望した仲間たちの顔
俺を見てみろって
気になんて、全然するはずないんだからさ

 

Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part

やるか、死ぬかだ
できやしないぜ
この世界は、俺の心を奪えはしないんだ
前へ進んで、挑んでやるのさ
やめさせられやしない
望むところさ、やってやる

I won't explain or say I'm sorry
I'm unashamed, I'm gonna show my scar
Give a cheer for all the broken
Listen here, because it's who we are

釈明したり、謝ったりなんかしてたまるか
恥ずかしくなんてない、傷跡をさらすんだ
くじけたやつらに声援を
よく聴いとけよ、これが俺達だ

 

I'm just a man, I'm not a hero
Just a boy who had to sing this song
I'm just a man, I'm not a hero
I don't care!

ちっぽけな人間で、英雄なんかじゃない
この歌を歌わなきゃいけなかった、ただのガキさ
ちっぽけな人間さ、英雄なんかじゃない
気にするかよ!

 

We'll carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And though you're broken and defeated
Your weary widow marches on
We’ll carry on

俺達は、やり続ける
進み続けるよ
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の思いは続いてく
俺達が受け継ぐさ
貴方はくじけて打ち負けてしまっても
残された者が疲れ果てても
前進を続けるんだ
俺達は進み続ける

 

Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part

やるか、死ぬかだ
できやしないぜ
この世界は、俺の心を奪えはしないんだ
前へ進んで、挑んでやるのさ
やめさせられやしない
望むところさ、この役目を果たすんだ

 

Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part

やるか、死ぬかだ
できやしないぜ
この世界は、俺の心を奪えはしないんだ
前へ進んで、挑んでやる
やめさせられないぜ
望むところさ、やってやる

 

 

 

「Welcome To The Black Parade」の歌詞原詩

 

+ クリックすると開きます!

When I was a young boy
My father took me into the city
To see a marching band
He said, "Son, when you grow up
Would you be the savior of the broken
The beaten and the damned?"
He said, "Will you defeat them?
Your demons, and all the non-believers
The plans that they have made?
Because one day, I'll leave you
A phantom to lead you in the summer
To join the black parade“

When I was a young boy
My father took me into the city
To see a marching band
He said, "Son, when you grow up
Would you be the savior of the broken
The beaten and the damned?"

Sometimes I get the feeling she's watching over me
And other times I feel like I should go
And through it all, the rise and fall, the bodies in the streets
And when you're gone we want you all to know

We'll carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And in my heart I can't contain it
The anthem won't explain it

A world that sends you reeling from decimated dreams
Your misery and hate will kill us all
So paint it black and take it back, let's shout it loud and clear
Defiant to the end we hear the call

To carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And though you're broken and defeated
Your weary widow marches

On and on, we carry through the fears
Disappointed faces of your peers
Take a look at me, 'cause I could not care at all

Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part
I won't explain or say I'm sorry
I'm unashamed, I'm gonna show my scar
Give a cheer for all the broken
Listen here, because it's who we are
I'm just a man, I'm not a hero
Just a boy who had to sing this song
I'm just a man, I'm not a hero
I don't care!

We'll carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And though you're broken and defeated
Your weary widow marches on
We’ll carry on

 

「Welcome To The Black Parade」歌詞の意味を解説

この曲が収録されているアルバム「The Black Parade」は、「死」をテーマにしたコンセプトアルバム。ガンによって若くして死んでしまう「Patient(患者)」が主人公になっています。

ボーカルのジェラルドは「死は、自分の中で一番印象に残っている記憶の形でやってくると思うんだ」と語っています。主人公にとっては、それが幼い頃に父親と行ったパレード。

アルバムのナンバーから感じてほしいことについてジェラルドは「生きること、それは大変なことだけど、皆にそれを恐れないでほしい。」とも語っています。

この曲の歌詞は一筋縄で解釈するのは難しいですが、主人公にまつわるストーリーを軸にして、「死」に対する思いや生きることの尊さ、また死にゆく人への思いなど色々なメッセージが込められているように感じます。

ここからは、忘備録を兼ねて和訳した時の考え方メモ、および歌詞の詳しい解説を記載していきます。

興味がある方は、下記をクリックすると開きます。

 

読みたい方は下記太字をクリック!

+ クリックすると開きます!

 

 和訳するにあたっての考え方メモ

 考え方メモ<イントロ①>

When I was a young boy
My father took me into the city
To see a marching band
He said, "Son, when you grow up
Would you be the savior of the broken
The beaten and the damned?"

この部分の和訳

俺が小さいころ
父さんが町へ連れてってくれた
マーチング・バンドを見に
父さんは言ったんだ
「なぁ、大きくなったら
くじけてしまった人達の救世主にならないか?
打ちひしがれてしまって、二度と認めてはもらえない人達の」

「savior」は「救世主」。

「broken」「beaten」は似たようなニュアンスで「くじけた、打ち負けた人たち」。

「damned」は「呪われた者、地獄へ落とされた者、社会から排除された人たち」。

 

考え方メモ<イントロ②>

He said, "Will you defeat them?
Your demons, and all the non-believers
The plans that they have made?
Because one day, I'll leave you
A phantom to lead you in the summer
To join the black parade“

この部分の和訳

父さんは言った
「打ち勝てるか?
心に巣食う悪魔や、信じようとしない奴ら
そいつらの企みに
いつの日か、父さんはお前に残していくことになる
夏にブラック・パレードへお前を導く精霊を」

「defeat」は「打ち負かす」。「phantom」は「幻影、精霊、など実体の無いもの」。

 

 考え方メモ<Aメロ①>

Sometimes I get the feeling she's watching over me
And other times I feel like I should go
And through it all, the rise and fall, the bodies in the streets
And when you're gone we want you all to know

この部分の和訳

時々感じるんだ、俺のことを見てるんだなって
で、そうじゃない時は前へ進まなきゃって気分になる
全てをくぐり抜けて浮き沈み、道に横たう屍たち
死んでしまうとしても、知っておいてほしいんだよ

「Sometimes I get~」の「She」は「死」を意味するという考え方と、ジェラルドの祖母を意味しているという説もあります。

(ジェラルドは人生において最も影響を受けた人物として祖母を挙げていて、「Helena」という歌で、亡くなった祖母に対する思いを歌っています)

「watch over」は「見守る」というのと「監視する」という別のニュアンスを持っていて、文からも上記のどちらを意味してるか?または全く別の意味なのか?はっきり読み取れません。

なので直訳に近い、どちらとも取れるような訳をしました。

「through it all」は文脈によって色々な訳ができると思われますが、ここでは「全てを乗り越えて、くぐり抜けて」というニュアンスで読み取りました。

「bodies」は「遺骸、屍」。

 

 考え方メモ<サビ>

We'll carry on, we'll carry on
And though you're dead and gone, believe me
Your memory will carry on, we'll carry on
And in my heart I can't contain it
The anthem won't explain it

この部分の和訳

俺達は、やり続ける
進み続けるよ
貴方は死んでしまっても、信じてくれ
貴方の思いは続いてく
俺達が受け継ぐさ
心の中に留めてなんかおけない
ありきたりの歌でなんか語れやしない

「carry on」は「続ける、進み続ける、引き継ぐ」という意味。

「anthem」は「賛歌」で「national anthem」で「国歌」。ここでは、「何かの時に決まって流れる歌」という意味合いで用いられていると考えられます。

ちなみにサビの最後の部分は2番、3番だと

「And though you're broken and defeated Your weary widow marches」となっていて「weary widow」は直訳すると「未亡人」。

この歌では「この世に残っている人達」を意味していると考えられます。

 

考え方メモ<Aメロ②>

A world that sends you reeling from decimated dreams
Your misery and hate will kill us all
So paint it black and take it back, let's shout it loud and clear
Defiant to the end we hear the call

この部分の和訳

ぶち壊された夢で、たじろがせる世界
悲嘆と憎悪は、俺達を皆殺しにしてしまう
そんなものは黒く塗り潰して、取り戻そう
ハッキリと叫ぶんだ
最後まで反抗してやるんだよ
呼ぶ声が聞こえる

「reel from」で「たじろぐ、よろめく」。「decimate」は「全滅する、台無しにする」。

「loud and clear」で「ハッキリと、明瞭に」。

「defiant」は「反抗的な、傲慢な、開き直った」。「to the end」で「最後まで」。

 

 

考え方メモ<Cメロ①>

Do or die, you'll never make me
Because the world will never take my heart
Go and try, you'll never break me
We want it all, we wanna play this part

この部分の和訳

やるか、死ぬかだ
できやしないぜ
この世界は、俺の心を奪えはしないんだ
前へ進んで、挑んでやるのさ
やめさせられやしない
望むところさ、やってやる

「do or die」で「命がけで、いちかばちかで」。

「make me」は「~にする」。「make me」だけだと「やれるものならやってみろ」というニュアンスもあります。

「break」は「壊す、中断させる」。

「play a part」は「役割を演じる、一役買う」。

 

 

考え方メモ<Cメロ②>

I won't explain or say I'm sorry
I'm unashamed, I'm gonna show my scar
Give a cheer for all the broken
Listen here, because it's who we are

この部分の和訳

釈明したり、謝ったりなんかしてたまるか
恥ずかしくなんてない、傷跡をさらすんだ
くじけたやつらに声援を
よく聴いとけよ、これが俺達だ

「explain」は「説明する、釈明する」。

「unashamed」は「恥知らず、羞恥心のない」。

「give a cheer for」は「声援を送る」。

 

考え方メモ<Cメロ③>

I'm just a man, I'm not a hero
Just a boy who had to sing this song
I'm just a man, I'm not a hero
I don't care!

この部分の和訳

ちっぽけな人間で、英雄なんかじゃない
この歌を歌わなきゃいけなかった、ただのガキさ
ちっぽけな人間さ、英雄なんかじゃない
気にするかよ!

「自分は特別な存在でもなんでもないけど、自分の信念に誇りを持っている・・」という叫びが歌われてる部分です。

 

 

 単語、ワードメモ

+ 単語、ワードメモ

  •  

 

 曲にまつわる逸話

「Welcome To The Black Parade」のミュージックビデオを制作している時にマイケミのメンバーは2つのアクシデントに見舞われました。

一つはドラマーのボブが足の裏にひどい火傷を負って感染したこと、もう一つはジェラルドの足の靭帯断裂。

 

ジェラルドのケガは、他のメンバーと遊んでいてタックルを食らった時に負った模様w

 

「The Black Parade」のアルバムを作成している時にはプレッシャーからジェラルドは悪夢に苦しみ、弟でベースのマイキーは鬱病になって一時バンドを離れていたことも。

ただ、数々の困難を乗り越えて製作されたアルバムは素晴らしい出来になっています。

 

-マイ・ケミカル・ロマンス和訳
-, , ,

© 2020 LeGoon Blog-我が家の忘備録- Powered by AFFINGER5