オフスプリング和訳

オフスプリング歌詞和訳・解説&オススメ名曲ランキング総まとめ!

更新日:

 

【アルバム別】THE OFFSPRING歌詞和訳・解説リンク集 




THE OFFSPRINGオススメ名曲ランキング! 

 

 

順位 タイトル・和訳解説リンク YouTube
No.1 Pretty Fly(For A White Guy)
No.2 Gone Away
No.3 Hit That
No.4 Why Don't You Get A Job?
No.5 I Choose
No.6 Me & My Old Lady
No.7 Come Out And Play
No.8 Kristy, Are You Doing OK?
No.9 Living In Chaos
No.10 Fix You
順位 タイトル・和訳解説リンク YouTube
No.1 Bad Habit
No.2 Americana
No.3 One Fine Day
No.4 Want You Bad
No.5 What Happened To You?

 

ランキングの詳細リンク!


The Offspring メロコア1

おすすめ音楽

メロコアの良曲を探す人へ贈りたい、オフスプリングのクールな速い曲11選

    1990年代後半を中心に、音楽シーンに大きな爪痕を残し続けているパンクロックグループ「The Offspring(オフスプリング)」。 世界中で4000万枚以上のCDセール ...

オフスプリング ポップパンク2

おすすめ音楽

パンクだけど、ポップで良メロ!オフスプリングのミドルテンポ曲10選

ポップパンク界のモンスターバンド、「THE OFFSPRING」。 速い曲もカッコいいのが沢山あってオススメですが、ミディアムテンポなナンバーもおすすめしたい良曲で溢れています。 この記事では、THE ...

オフスプリングライブ定番3

おすすめ音楽

エキサイト&シャウト!熱狂のTHE OFFSPRINGライブ定番曲5選

  全世界で4,000万枚以上のCDセールスを誇る、ポップパンク界のモンスターバンド「THE OFFSPRING」。 この記事では、THE OFFSPRINGの曲の中から、ライブで特に盛り上 ...




 

オフスプリングってどんなバンド?

 

オフスプリングとは一体どんなバンドなのか?よくご存じない方のために、ざっくり紹介をしていきます。

まず、バンド名の「The Offspring」。これは訳すと、「子孫」とか「バカ息子」等の意味。

音楽的に「ロックの次に来るもの」という挑発的な意味合いもあって名づけられたと言われています。

ちなみに、バンドが結成されたのは1984年。

ただ、その時はボーカルのデクスターと、ベースのグレッグKを中心として結成した「Manic Subsidal(マニック・サブサイダル)という名前の、オフスプリングの前身バンドでした。

ちなみに、この「Manic Subsidal」という名前は「パンクっぽいから」という理由でつけた模様。

ですが、言いにくいし覚えにくいので後に「The Offspring」に改名したというエピソードがあります。

 

意味とかだけじゃなくて、響きもしっくりきた名前が今に至ってるのね~

 

オフスプリングの音楽性

The Offspringの音楽は、ジャンルとしては

 

  • ポップパンク
  • メロコア
  • ハードコア

 

といったところに分類されます。

90年代後半の日本におけるポップパンク、メロコアの人気火付け役として有名なのが、「Green day」「Hi-STANDARD」

当時、私もそうですが洋楽パンク・ロックに興味のある中・高校生は皆この2つは必ずと言っていいほど聴いてました。

ですが、その2大バンドを押しのけて私が断然好きになったのが、このオフスプリング。なぜか?というと、メロディーやリフがとにかく好みで、そしてその曲の数が多い!からです。

 

ギターとベースの音が分厚いのも、いい!

 

キャッチーなメロディーに、重厚で印象的かつファストなギターリフを融合したサウンド。さらに曲調はいかにもパンク・コアな速い曲一辺倒という訳でなく、ミディアムテンポの曲や遊び心も満載・・。

今もなお現役で走り続ける、ポップパンク・メロコアの始祖的存在とも言えるのが「The Offspring」です。

 

オフスプリングを知ったきっかけ 

余談ですが、もう少し自分とオフスプリングとの出会いについて語らせていただきます。

私は友達にアルバム「Smash」を紹介してもらって彼らを知りました。オープニングナンバーの「Nitro」を聞いた時に

 

なかなかカッコいい音楽だな~

 

と感じて興味を持ち、その後に自分で「Smash」の次に発売されたアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」を購入。で、このアルバムが私にとっては、もうドツボでした。

オープニングナンバーの「The Meaning of Life」を聴いた時の衝撃は今でも忘れられません・・!

恋人の死を歌ったミドルテンポナンバーの「Gone Away」もそうなんですが、「IXNAY ON THE HOMBRE」からは、何か魂の叫びのようなものをサウンドを通してダイレクトに感じたんです。

他にもいい音楽は沢山ありますが、そういう感覚は初めてでしたね。

 

ちなみに当時はそのサウンドが衝撃的でのめりこみましたが、歌詞の意味はなんとなく・・の理解でした。

 

IXNAY ON THE HOMBRE」は他にも「All I Want」「I Choose」「Leave It Behind」「Me&My Old Lady」など良曲ばかり!

・・なんですが、「実はさほど売れたアルバムではない」と後から知った時は、何か裏切られたような気分でしたw

ですが、個人的には今でもオフスプリングの中で1、2を争う大好きなアルバムです。

 

The Meaning of Life
The Offspring
ロック

 

 かけ声・コーラスが多いオフスプリング

余談が長くなりましたが、オフスプリングの楽曲の紹介に戻ります(汗)

オフスプリングの楽曲の特徴の一つとして、

 

  • オーオーオー
  • ヤーヤーヤー

 

みたいなかけ声・コーラスが多いというのがあります。

若い頃、友達や知り合いに「オフスプリングいいから聞いてみて!」って紹介すると

 

なんかこの人たちオーオーばっかり言ってるね~

 

と、よく言われましたが

 

それがまたカッコエエんやん!

 

と思ってます。

 

そういうコーラスが多いからこそライブとかでもノリやすかったりするんですけどね。英語がわからなくても何となく歌って叫べるっていうw

オフスプリングで最も売れたアルバム、「Americana」の中の「Staring At The Sun」や「The Kids Aren't Alright」とかはまさにそういう掛け声が多くて、ノリやすい曲です。

 

Staring At The Sun

Staring at the Sun
The Offspring
ロック

 

The Kids Aren't Alright

The Kids Aren't Alright
The Offspring
ロック

 

そして、特徴的なコーラス「アハーン、アハーン」という掛け声で有名な曲が、オフスプリング史上最も売れたシングル、「Pretty Fly(for a White Guy)」。

 

Pretty Fly (For a White Guy)
The Offspring
ロック

 

ちなみにこの曲、一聴すると、ただただ楽し気な "おバカソング"に聴こえますが、歌詞は「カッコつけたがりで、なりたがりの白人兄ちゃん」を痛烈に皮肉った深い内容になってます。

 

歌詞の和訳・解説ページ

Pretty Flyが120%わかる!和訳~オフスプリング歌詞解説~

オフスプリング最大のヒット曲、「Pretty Fly(For A White Guy)」。 「アハーン、アハーン」のコーラスが印象的な、単なるおバカソングにも聞こえるこの曲。 しかし、そこにはモンスタ ...

続きを見る

 

 メロディーにアラビアン・インド楽曲的な要素

オフスプリングは楽曲の中に、アラビアやインドを思わせるような、どこか中近東音楽的なメロディーをよく取り入れてます。

そして、それがすごく良いアクセントを醸し出していて、初期の「Ignition」というアルバムからその傾向があります。

「単純にそういったフレーズが好きなのと、アクセントとして狙って入れている」とボーカルのデクスターは語っています。

Pay the man」や「Living in Chaos」はそんなアラビアンメロディーが全面に渡って展開される曲の一つですが、最もそれが印象的で顕著なナンバーが「me & my old lady」。

1つのアラビアンで分厚いギター&ベースリフがずっと繰り返されながらも飽きさせないこの曲は、初めて聞いた時にすごい斬新でした。気になる方はぜひ一度聞いてみてください。

 

Me & My Old Lady
The Offspring
ロック

 

me & my old lady 和訳
【Me&My Old Lady和訳】オフスプリング歌詞を徹底考察&解説

  オフスプリングのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」収録曲、「Me&My Old Lady」。 アラビアンなギターリフが曲全面に渡って展開される、楽し気でちょっと趣 ...

続きを見る

 

ボーカル、ギター、ベース、ドラムの4ピースバンド

オフスプリングのメンバーは基本的に4人で構成されています。

 

  • <ボーカル> デクスター・ホーランド
  • <ギター> ヌードルズ
  • <ベース> グレッグK
  • <ドラム>

 

 <ボーカル> デクスター・ホーランド

オフスプリングの楽曲の大半を作成するのが、ボーカリストのデクスター。本名はブライアンで、デクスターというのは「ガリ勉・天才」という意味の愛称です。

見た目は、いかにも陽気なカリフォルニア出身アメリカン。

190cm近い長身で、ライブのステージでは同じくでかいギタリストのヌードルズと共に、その存在感が際立ちます。

若い頃はイケメンボーカリストとしてもデクスターは有名でした。

 

でも、今はちょっとドラ〇もんみたいな体形になって可愛らしく・・
コラッ!失礼だぞっ!

 

パンクバンドのボーカリストと聞くと、あまりそういうイメージがないかもしれませんが、高校を首席で卒業してるデクスター。

その後、アメリカでも指折りの理系の大学院で博士課程まで進学するという経歴を持つ、すごくインテリジェントなアーティストです。

オフスプリングの活動に専念するため、博士課程は満了せずに一度抜けていますが、その後、時を経て2017年にはエイズの研究で博士号を取得しています。

また、自ら操縦するプライベートジェットで世界一周するなど、多方面にすごい才能を持つ、まさしく「天才」と言える人物。

楽曲のメインクリエイターであるのに加え、ボーカルの他、リードギターでソロも弾いたりします。

オフスプリングのサウンドイメージをほとんど作り出してる・・といっても過言ではないのがデクスターです。

 

 <ギター> ヌードルズ

太い黒縁眼鏡がチャームポイントのギタリスト。ちなみにヌードルズというのは「チャラチャラした演奏をする」という意味からくる愛称。

 

「麺」ではなかったんだな・・。

 

本名は、ケビン・ジョン・ワッサーマンになります。

ギター専属ですが、ソロパートは曲によってはデクスターが弾いたりしてるので、演奏的にはどこか前に出きらないような部分も。

ただ、ライブパフォーマーとしてはバンド1で、インタビューとかでもよく喋べります。人当たりも良くて、バンドのムードメーカー、広報担当的なポジション。

オフスプリングに欠かせない1ピースであることを感じさせる、なんかいいアニキっていう人物がヌードルズ。

ちなみにヌードルズは、デクスター達よりも年上。

オフスプに加入した理由は、メンバーがまだ若かった頃に「酒を合法的に調達できる存在」として重宝されたからだと言われていますw

ライブ中でもビールを欠かしませんし、「呑んで、演奏して、お金がもらえる仕事がでてきてて最高の幸せさ」と言って憚らない、いいキャラしてる人物です。

 

 <ベース> グレッグK

デクスターの幼なじみのベーシスト。

本名は、グレゴリー・デビッド・クリーゼル。略してグレッグKと呼ばれてます。

オフスプリングはデクスターとグレッグKが最も初期からのメンバーになります。

他のメンバーと比べると地味でおとなしく、インタビューでも他のメンバーが喋ってるのを黙って聞いてることが多く、ほとんど話しません。

プレイも見た目に違わず、まさしく堅実。ですが、ポイントポイントで印象的なベースフレーズもしっかり提供してくれています。

パパとして家庭も持っていて、インタビューの中では「本当にパンクバンドの一員!?どうみても普通のサラリーマンでは?」というようなコメントを残しているのを見たことが・・。

色々な意味の安定感が持ち味の、「ザ・ベーシスト」ともいえる人物がグレッグKです。

 

 <ドラム>

オフスプリングのドラムは度々変わっています。

90年代後半の最も勢いがある時のドラムはロン・ウェルティという結成当初からのドラマーが務めていて迫力あるドラムサウンドを提供してましたが、音楽性の違いなどから脱退。

その後、2人変わって現在はピート・ラパダがオフスプリングのドラムです。

 

オフスプリングの歌詞全般について解説

私は、オフスプリングを3回大好きになってます。

1回目は、高校生の頃に初めてそのサウンドを聞いて衝撃を受け、のめりこんだ時。

2回目は、初めてオフスプのライブに行った時。

そして3回目は、それから約20年が経過し、彼らが歌っている歌詞の意味を、自分なりに理解できた時です。

 

多彩で深い、オフスプリングの歌詞 

パンクバンドであるオフスプリングの歌詞は、怒りや不満をそのままブチ込んだようなものもありますが、捻りを加えたものを歌っていることも多くて

 

  • 何かを風刺した歌詞
  • 皮肉で言ってる歌詞

 

が多々あり、一筋縄では理解できないものが沢山あります。また、アメリカの文化や生活などの背景がわからないと意味不明なものも。

スラングも満載なので、そのまま訳すと「???」という感じになってしまうんです。

そのためか、アルバムを買うと日本語歌詞がついてますが、当時高校生だったから・・というのも勿論ありますが、それを読んでも「?」なものが多かったですね。

 

Pretty Fly」とか、アルバム「Americana」の歌詞は特にそうでした・・

 

そんなこんなで、彼らを知ってから約20年という期間を歌詞の意味はよくわからず、ノリで聞いてた自分。

ですが時を経て、おっさんになった時にふと

 

そういやオフスプずっと好きだけど、歌詞の意味あんまよくわかってないよな・・

 

と思い立って色々と調べたり、英語の勉強も兼ねて翻訳を始めました。

そして、その歌詞が伝えたいメッセージや、意味するところを知った時にオフスプリングに改めて魅了されたんです。

歌詞を読み込むと社会問題を鋭く切り取ったり、名作本の内容をモチーフにしたものも多くて、深みもすごいあると感じます。

 

歌詞に込められた凄まじいエネルギー 

特に初期のオフスプは、楽曲も勿論そうなんですが歌詞にも溢れんばかりのエネルギーが込められています。

 

Smash」や「INAXY ON THE HOMBRE」は、そのエネルギーを存分に感じられるアルバムです!

 

デクスターはこのように語っています。

「パンクバンドは大好きで、よく聴いてたんだ。どのバンドからもすごいエナジーを感じたよ。でも、ただ一つ、そこにメロディーが欠けていたんだ。」

「俺達が目指したのは、素晴らしいメロディーとエナジーの融合なんだよ。」

もう、まさにそれを具現化したのが「The Offspring」というバンドなんだと感じますね。

 

パンクらしく?ひどく汚い言葉も登場

・・と同時に、パンクバンドという形で表現してるオフスプの歌詞の中にはエラい汚い言葉も多々出てきます。

一例を挙げますと

 

  • F〇ck
  • Sh〇t
  • bit〇h
  • da〇n

 

とか。このあたりは、まぁしょっちゅう出てきますねw

 

ちなみに、上の単語を訳しますと・・
ファミリー向けブログなんだから、イチイチ訳さんでよし!

 

このあたりの単語は洋楽でも、いわゆる歌謡曲にはあまり出てこない過激な言葉。

なので昔、英語のわかる人でオフスプリングやパンクを知らない人に、曲を聴かせたら

 

え゛っ、なにこの人達・・めちゃめちゃ汚い言葉使ってる・・

 

と引かれたり、たまたま話す機会があったネイティブの人に「オフスプリングが好きなんです!」と、つたない英語で言ったところ

 

知ってるけど、あんな過激な歌詞歌ってるパンクバンドのどこがいいのか、全然理解できないよ・・

 

と一蹴された思い出もw

でも、その人は

 

でも、僕の妻は好きなんだよね~、どこがいいんだか・・

 

とも言ってましたが・・

「パンクバンド=言葉が汚く、過激な歌詞」というイメージがたしかにありますし、まさしくその通りの曲も多々あります。

ですが、オフスプリングに限らず売れてるパンクバンドの場合、やっぱり使ってるのは過激な言葉でも、歌詞の裏に込められたメッセージや、共感できる要素がちゃんとあると感じます。

ちなみに当サイトの和訳は、「幅広い人に歌詞の裏に込められた魅力を知ってほしい」という主旨から、なるべくマイルドな表現になるように心掛けている・・つもりです。

 

それでも充分下品な言葉が出てきてる気がするけど・・
いや、本当は1.5倍増し位の勢いでもっと下品で汚なくて過激なハズ!
なんのアピールなのよ・・

 

オフスプリングのメッセージを伝えたい 

なにはともあれ、そんなオフスプリングの歌詞の魅力を少しでも伝えられれば・・と思い、このブログでは和訳と解説を自分なりにして載せています。

歌詞の内容は多彩ですが、オフスプの歌詞の根底に一貫して流れてると感じるのは「周りに流されるな。1人の人間として意見を持って、自分らしく生きようぜ」というメッセージ。

 

アラフォーで社畜な私でも、勇気づけられる曲がいっぱいあります!

 

ちなみに、残念ながら私はネイティブスピーカーでもバイリンガルでもないので、本当は訳として違う箇所もあるかもしれません・・。

ですが、過去のインタビューなどの資料や英語の解説サイトの記事等を調べられるだけ調べて「その歌が伝えたいメッセージは何なのか?何を歌っているのか?」ということをよく考えて、和訳・解説に反映させてます。

曲全体の流れを重視して言葉をチョイスしてますので、いわゆる「意訳」というのも多くなってるのかもしれませんが、意図としては上記な感じなので、ご理解いただけると幸いです。




【ジャンル別】THE OFFSPRING歌詞まとめ

シニカル

身近な話題を中心に、痛烈な皮肉を歌ったナンバー

白人のなりたがりの兄ちゃんを痛烈に皮肉った大ヒットナンバー「Pretty Fly(For A White Guy)」。

アメリカの現状をシニカルに歌い、嘆く「Americana」。

若くして子供を産んで、自らは好き放題に遊び回る親を皮肉った「Hit That」。

オフスプリングの真骨頂とも言える、シニカルなナンバー!

 

必聴!
Pretty Fly(For A White Guy)

オフスプリング最大のヒット曲、「Pretty Fly(For A White Guy)」。 「アハーン、アハーン」のコーラスが印象的な、単なるおバカソングにも聞こえるこの曲。 しかし、そこにはモンスタ ...

続きを見る

オススメ
Americana

  オフスプリングの大ヒットアルバム「AMERICANA」の表題曲、「Americana」。 ライブのオープニングを飾ることが多く、”Well, fuck you!!”の掛け声で大盛り上がり ...

続きを見る

必聴!
hit that 和訳
Hit That

  オフスプリングのアルバム「Splinter」収録曲、「Hit That」。 ベースラインと、ちょっとふぬけたテイストのキーボードがいい味出してるご機嫌なメロディーのミドルテンポナンバー。 ...

続きを見る

 

意志-夢・目標-

自分の進むべき道に対する強い意志を歌っているナンバー

「周りの声なんて関係ない、自分の信じる道を進むんだ」という意志を歌う「The Meaning Of Life」。

自分を無理に抑え込んで周囲に同化しようとする連中に対する反発を綴った「Staring At The Sun」。

「強気で思うようにやれよ」というメッセージを込めた「Come Out Swinging」。

「批判や逆境なんて気にするな、やるには今しかないんだ」というメッセージを綴る「Half-Truism」。

自分に勢いをつけたい時に聞くとテンションが上がるオススメ曲!

 

必聴!
The Meaning Of Life

アルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」に収録されているオフスプリングの曲、「The Meaning Of Life」。メロディーと展開がカッコいい曲ですが、歌詞がまた良い! 自分の夢や生き ...

続きを見る

必聴!
Staring at the sun 歌詞和訳
Staring At The Sun

アルバム「AMERICANA」に収録されている曲、「Staring At The Sun」。疾走するメロディーと掛け声が心地良い、ライブでも定番のオフスプリング代表曲の一つです。 その歌詞では、意志な ...

続きを見る

come out swinging 和訳
Come Out Swinging

THE OFFSPRINGのアルバム「Conspiracy Of One」のオープニングを飾る「Come Out Swinging」。 勢いのあるナンバーで、歌詞は不安に怯える人に向けて「強気に、自分 ...

続きを見る

オススメ
Half-Truism

アルバム「Rise and Fall, Rage and Grace」の冒頭に収録されているオフスプリングの「Half-Truism」。 オフスプリングっぽい良メロと、展開がクールな曲。そして歌詞の内 ...

続きを見る

 

意志-生き様-

どう生きたいか、どう生きるべきかという叫びが詰まった曲たち

「俺に干渉するな!」と叫ぶ「ALL I Want」。

「流行を追うようなアホじゃねぇんだ、俺は。自分のやりたいようにやるさ」と綴る「Smash」。

「生き急げ!のんびりしてたら何も成し遂げられないんだよ」と歌う「Nitro(Youth Energy)」。

いずれも、初期オフスプリングの勢いをそのまま詰めこんだ曲たちです。

 

必聴!
All I Want

  アルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」に収録されているオフスプリングのキラーチューン、「All I Want」。 2分という短い曲の中に「権力者ども、俺を支配するんじゃねぇ! ...

続きを見る

オススメ
Smash

  オフスプリングのアルバム「Smash」の収録曲、「Nitro(Youth Enegy)」。 1,400万枚と、インディーズ史上最も売れたアルバムのオープニングナンバーにふさわしいナンバー ...

続きを見る

オススメ
smash 和訳
Nitro(Youth Energy)

インディーズ史上最高の、売り上げ1,400万枚記録を持つオフスプリングのアルバム「Smash」に収録されている表題曲「Smash」。 「Smash(粉砕する)」というタイトルが示す通りの勢いがあるナン ...

続きを見る

 

本がモチーフ

名作小説をモチーフとした、深い歌詞をもつナンバー!

大人になること、現代社会で生きることの苦悩と葛藤を綴るアメリカの異才小説家サリンジャーの作品をモチーフにした「I Choose」。

子ども達の世界を舞台に、人間の本質や心理操作を描いた小説の描写が取り込まれている「You're Gonna Go Far, Kid」。

デストピアになる未来を描いた小説「1984年」のアイデアを取り込んでいると思われる「The Future Is Now」。

聞くと、思わず原作も読みたくなる深い歌詞を持つ楽曲たちです。

 

必聴!
i choose 和訳
I Choose

THE OFFSPRINGのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」の収録曲「I Choose」。 メジャーコードで陽気な曲調に乗せて「人生が楽園になるのか、それとも悪夢になるのか・・それを ...

続きを見る

必聴!
You're Gonna Go Far, Kid

  アルバム「RISE AND FALL, RAGE AND GRACE」に収録されている「You're Gonna Go Far, Kid」。 巧みに他人を丸め込んでいく「心理操作」をテー ...

続きを見る

オススメ
the future is now 和訳
The Future Is Now

オフスプリングのアルバム「Days Go By」のオープニングナンバー「The Future Is Now」。 憂いを帯びたオフスプリングらしい良メロ曲。歌詞は「未来は今が決めてくんだ」というメッセー ...

続きを見る

 

シリアス

人の死や、虐待などシリアスな内容を歌うナンバー

パートナーを事故で亡くした悲しみを歌った「Gone Away」と「The End Of The Line」。

幼い頃に虐待されていた友達を救えなかった後悔を歌う「Kristy, Are You Doing OK?」。

いずれもせつない歌ですが、胸に迫る良曲たち。

 

必聴!
Gone Away

  アルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」に収録されているオフスプリングのミドルテンポナンバー「Gone Away」。 シンプルなメロディーとアレンジですがそれがすごくクールで、 ...

続きを見る

the end of the line 和訳
The End Of The Line

THE OFFSPRINGのアルバム「AMERICANA」の収録曲「The End Of The Line」。 メロコアビートに乗せてパートナーが亡くなってしまった悲しみを歌っているナンバー。 和訳と ...

続きを見る

オススメ
kristy, are you doing OK? 和訳
Kristy, Are You Doing OK?

  オフスプリングのアルバム「RISE AND FALL, RAGE AND GRACE」の収録曲、「Kristy, Are You Doing Okay?」。 アコーステックギターでの弾き ...

続きを見る

 

社会問題を風刺

深刻な社会問題を風刺したナンバー

子どもがストリートギャング化する問題を歌った「Come Out And Play」。

スポーツ観戦で暴動を起こすフーリガンを風刺した「One Fine Day」。

学校への銃襲撃犯の心情を描いた「Hammerhead」。

日本では風刺という文化は一般的でないので簡単には理解しづらい歌詞ではありますが、読み込むと深い歌詞になっています。

 

オススメ
come out and play 和訳
Come Out And Play

  オフスプリングのアルバム「Smash」収録曲、「Come Out And Play」。 ギターリフに取り入れられた中近東系のフレーズが良いアクセントになっているオフスプリングの有名曲。 軽いテイス ...

続きを見る

オススメ
One Fine Day

  オフスプリングのアルバム、「Conspiracy Of One」に収録されている曲、「One Fine Day」。 メジャーコードなメロディーに乗せて早口でガンガンいくサビが心地良い!歌 ...

続きを見る

hammerhead 和訳
Hammerhead

オフスプリングのアルバム「RISE AND FALL, RAGE AND GRACE」の収録曲、「Hammerhead」。 学校への銃襲撃犯の心の内がモチーフと思われる、かなりダークな世界観を歌った曲 ...

続きを見る

 

恋愛-愛情-

パートナーへの愛情を歌った曲

嫁さんと俺はラブラブだぜ!とアラビアンなメロディーに乗せて歌う「Me & My Old Lady」。

早く家に、嫁さんのところへ帰りたい・・という気持ちを綴った「Million Miles Away」。

修復不可能で、取り戻せなくなった関係性を歌う「Fix You」。

パンクバンドらしく、恋愛関連の歌もメッセージはストレートというわけではありませんが、オフスプリング流のバラード?なナンバーたち。

 

オススメ
me & my old lady 和訳
Me & My Old Lady

  オフスプリングのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」収録曲、「Me&My Old Lady」。 アラビアンなギターリフが曲全面に渡って展開される、楽し気でちょっと趣 ...

続きを見る

million miles away 和訳
Million Miles Away

オフスプリングのアルバム「CONSPIRACY OF ONE」の収録曲、「Million Miles Away」。 コーラスとギターリフが何重にも重なりながら入る、オフスプリングとしてはちょっとアレン ...

続きを見る

Fix You 和訳
Fix You

THE OFFSPRINGのアルバム「Rise And Fall, Rage And Grace」に収録されている「Fix You」。 オフスプリングとしてはレアな、バラードナンバー。歌詞は修復不可能 ...

続きを見る

 

恋愛-不満-

恋愛にまつわる"不満"を歌ったナンバー

彼女に虐げられるM男くんの悲哀を綴る「Self Esteem」。

なんでも周りのせいにする、めんどくさい彼女への不満を叫ぶ「She's Got Issues」。

怠けっぱなしのパートナーへ、ちょっとは仕事したら?と歌う「Why Don't You Get A Job?」。

もっと悪い、みだらな女になってくれよと綴る「Want You Bad」。

さっきの愛情編よりも、オフスプリングらしいといえばらしい?w恋愛にまつわるナンバー。

 

オススメ
Self Esteem

  アルバム「Smash」に収録されているオフスプリングの人気曲「Self Esteem」。 彼女に尽くしまくるM男君の悲哀を歌った歌詞を和訳して、そのメッセージの意味を噛み砕いた内容・解説 ...

続きを見る

she's got issues 和訳
She's Got Issues

THE OFFSPRINGのアルバム「AMERICANA」に収録されているミドルテンポナンバー「She's Got Issues」。 なんでも他人や周りの環境のせいにする、ヒステリックでめんどくさい彼 ...

続きを見る

必聴!
Why Don't You Get A Job?

  1,000万枚の売り上げを誇るオフスプリングのアルバム「AMERICANA」の収録曲、「Why Don't You Get A Job?」。 皆で歌える、ほんわかしたミドルテンポの良メロ ...

続きを見る

オススメ
Want You Bad

  オフスプリングのアルバム「CONSPIRACY OF ONE」の収録曲、「Want You Bad」。 爽やかな曲調で、ライブでもラストを締めくくるナンバーとしてよくチョイスされています ...

続きを見る

 

郷愁、回想

昔を振り返ったり、時の流れを回想して歌うナンバー

子ども達が置かれている現状を嘆き、昔を回想する「The Kid's Aren't Alright」。

過去は振り返るな、明日へ向かって進むんだというメッセージを歌う「Can't Repeat」。

昔を思い返しながら郷愁を歌う「Days Go By」。

オフスプリング流に、時の流れと郷愁を歌う楽曲。

 

必聴!
The Kid's Aren't Alright

  オフスプリングのアルバム「AMERICANA」の収録曲、「The Kids Aren't alright」。 ギターリフとサビのメロディーがクールでかっこいいナンバー。歌詞は、昔の邂逅と ...

続きを見る

オススメ
Can't Repeat

オフスプリングのベストアルバム「GREATEST HITS」に収録されているナンバー、「Can't Repeat」。 「過去には戻れない、前に進もう」という前向きなメッセージを、オフスプリングらしい良 ...

続きを見る

days go by 和訳
Days Go By

オフスプリングのアルバム「Days Go By」の表題曲。 マイルドロックなメロディー&アレンジな一曲。歌われているのは、メロディーにピッタリな郷愁感あふれる歌詞。 和訳と意味を解説していきます。 & ...

続きを見る

 

葛藤

自分の心の中での葛藤を歌った楽曲

追い詰められた時の心情を歌った「Gotta Get Away」。

やろうという気持ちはあるけど、実際はやってないよな・・そんな罪悪感を歌った「Have You Ever」。

コロコロ変わる自分の気持ちへの葛藤を綴る「Dammit, I Changed Again」。

前は信じられなかったけど今は信じる、だから助けてほしいんだと歌う「Trust In You」。

心の中の葛藤を表現した楽曲たち。

 

オススメ
gotta get away 和訳
Gotta Get Away

オフスプリングのアルバム「Smash」の収録曲、「Gotta Get Away」。 ギターリフとメロディーが印象的なミドルテンポナンバー。ベストアルバムにも収録されています。歌詞では、ノイローゼ気味で ...

続きを見る

have you ever 和訳
Have You Ever

  オフスプリングの大ヒットアルバム「AMERICANA」のオープニングナンバー、「Have You Ever」。 勢いだけでなく、曲の途中でミドルテンポになったり、変化をつけた一曲。歌詞で ...

続きを見る

オススメ
Dammit, I Changed Again

  オフスプリングのアルバム「CONSPIRACY OF ONE」の収録曲、「Dammit, I Changed Again」。 ちょっと他とは趣向が変わった曲調ですが、オフスプリングっぽい ...

続きを見る

trust in you 和訳
Trust In You

THE OFFSPRINGのアルバム「RISE AND FALL, RAGE AND GRACE」の収録曲「Trust In You」。 オフスプリングが得意とするメロコアナンバー。「前は信じられなか ...

続きを見る

 

ライフ

日常で起こる出来事を歌ったナンバー

なんでも「ムカつく、憎い」という奴の叫びを歌う「Cool To Hate」。

「与えられる環境によって住める世界は決まる」と綴る「Way Down The Line」。

「変なモン拾ってくんなよ・・」と面白いエピソードを歌う「Don't Pick It Up」。

オフスプリング自身のレーベル移籍時の確執を歌っていると推測される「Change The World」

刑務所行きになった友達を歌った「Walla Walla」。

お互いに傷ついてるんだ、争いはやめて1つになれるはずさ・・というメッセージを歌うナンバー「Hurting As One」。

時に皮肉も交えながら、身近な出来事などを歌にした楽曲たちです。

 

cool to hate 和訳
Cool To Hate

オフスプリングのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」の収録曲、「Cool To Hate」。 タイトル通り「憎むってカッコいい」とひたすら歌われている、「周りを憎んでバカにして、何もやら ...

続きを見る

way down the line 和訳
Way Down The Line

THE OFFSPRINGのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」の収録曲「Way Down The Line」。 「与える環境によって子どもの人生は決まり、それは連鎖してくんだ」と歌うナ ...

続きを見る

オススメ
don't pick it up 和訳
Don't Pick It Up

THE OFFSPRINGのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」の収録曲「Don't Pick It Up」。 スカの軽快なビートに乗せて「変なモン拾うなよ」と歌う、陽気なナンバー。 和 ...

続きを見る

change the world 和訳
Change The World

THE OFFSPRINGのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」のラストを飾る「Change The World」。 歌詞の内容は、オフスプリングが所属していたレコード会社を移籍すること ...

続きを見る

walla walla 和訳
Walla Walla

THE OFFSPRINGのアルバム「AMERICANA」に収録されているナンバー「Walla Walla」。 ノリがいいライブでもよく演奏される曲ですが、歌詞は刑務所へぶち込まれる友人について歌って ...

続きを見る

hurting as one 和訳
Hurting As One

THE OFFSPRINGのアルバム「Days Go By」の収録曲「Hurting As One」。 オフスプリングらしい、メロコアナンバー。歌詞では「二つに分かれて争ってても、その痛みは一つなんだ ...

続きを見る

 

ドラッグ

マリファナなどのドラッグをテーマに歌う曲

ドラッグ中毒の友人に対して、一体どうしちまったんだよ?と歌う「What Happened To You?」。

マリファナ中毒者の日常を描く「Mota」。

そして上記2曲ほどあからさまではないものの、やはりドラッグ中毒者の心情を歌っていると思われる「A Lot Like Me」。

アメリカでは日本よりも手に入りやすいためか、ドラッグは他のアーティストも歌詞の題材としてよく扱うテーマになっています。

 

オススメ
What Happened To You?

  オフスプリングのアルバム「Smash」の収録曲、「What Happened To You?」。 裏打ちのスカビートに乗せた軽快なナンバー。ライブで外せない!というファンも多いノりやすい ...

続きを見る

mota 和訳
Mota

  オフスプリングのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」の収録曲、「Mota」。 ドラムのイントロから始まる、疾走感あふれるファンも多い一曲。歌詞はマリファナに入り浸る男につい ...

続きを見る

a lot like me 和訳
A Lot Like Me

THE OFFSPRINGのアルバム「RISE AND FALL, RAGE AND GRACE」の収録曲「A Lot Like Me」。 切なく力強い、ダークな曲調のミドルテンポロックナンバー。歌詞 ...

続きを見る

 

怒り

日常感じる、様々な怒りについて歌ったナンバー

無礼なドライバーに対する怒りを歌う「Bad Habit」。

とにかくお前が許せん!理解できん!と叫ぶ「Leave It Behind」と「(Can't Get My) Head Around You」。

切なく哀しく怒りを歌う「All Along」。

どの曲もメロディーも歌詞にマッチしているナンバーです。

 

必聴!
Bad Habit

インディーズ史上最高の1,400万枚を売り上げたアルバム「Smash」に収録されているオフスプリングの「Bad Habit」。 静かな出だしから一気に着火!ライブでも定番で、破壊的に盛り上がる一曲。 ...

続きを見る

オススメ
leave it behind 和訳
Leave It Behind

オフスプリングのアルバム「IXNAY ON THE HOMBRE」の収録曲、「Leave It Behind」。 同アルバムに収録されてるキラーチューン「All I Want」とほぼ同じ時間(約2分) ...

続きを見る

can't get my head around you 和訳
(Can't Get My) Head Around You

オフスプリングのアルバム「SPLINTER」に収録されている「(Can't Get My)Head Around You」。 ライブで演奏されることも多い、力強いナンバー。歌詞では「とにかく俺はお前が ...

続きを見る

オススメ
All Along 和訳
All Along

  オフスプリングのアルバム「Conspiracy of One」の収録曲、「All Along」。 オフスプらしさが発揮されているメロコアナンバー。曲では、自分が知らなかった秘密がわかった ...

続きを見る

 

政治

政治や社会にまつわる歌詞

妖しげなアラビアンメロディーに乗せて「政府に報いるがいい」と歌う「Pay The Man」。

当時の政権への不満と絶望を示した「The Noose」。

政治や、時の政権にまつわる歌詞を歌う楽曲です。

pay the man 和訳
Pay The Man

THE OFFSPRINGのアルバム「AMERICANA」のラストナンバー「Pay The Man」。 アラビアンで妖しげなメロディーの中に"静"と"動"の展開を詰め込んだ一曲。歌詞は人は皆、生まれな ...

続きを見る

オススメ
the noose 和訳
The Noose

  オフスプリングのアルバム「SPLINTER」収録曲、「The Noose」。 オフスプらしい力強い良メロが展開される、「SPLINTER」の中でも指折りな一曲。歌詞は当時のアメリカ新政権 ...

続きを見る

 

独特の世界観

人生を比喩する、独特の世界観を歌うナンバー

カオスの中で生きる人々の有り様を歌う「Living In Chaos」。

人生を比喩するような、独自の世界観を歌にした楽曲。

 

オススメ
living in chaos 和訳
Living In Chaos

THE OFFSPRINGのアルバム「Conspiracy Of One」に収録されている「Living In Chaos」。 アラビアンなギターフレーズが冴えるミドルテンポナンバー。歌詞は人間社会を ...

続きを見る

-オフスプリング和訳
-, ,

Copyright© LeGoon Blog-我が家の忘備録- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.