リンキンパーク和訳

【The Catalyst和訳】リンキンパークの歌詞を徹底考察&解説

the catalyst 和訳

リンキンパークのアルバム「A Thousand Suns」のシングルカットナンバー「The Catalyst」。

原爆・核戦争と人類をテーマに歌ったナンバー

和訳と意味を解説していきます。

 

 「The Catalyst」歌詞和訳の全文

神よ、祝福を
我らは弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民
打ち破られることはなく
敗北はなく
超えられることはなく
逃れられることはない

そして、今夜目を閉じる時
目が眩むような光の交響へ
神よ、祝福を
我々は弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民

冷たい腐食の中の記憶のように
響きながら消えていく伝送
この世界からかけ離れ
母なる海が、空へと血を流す場所

神よ、ご加護を
我々は溢れる光の業火の中で焼き尽くされるのか
我らの手にある罪のため
我らの舌が犯した罪
我らが父の罪
我らの未熟ゆえの罪

召したまえ
解き放ちたまえ

 

LINKIN PARK歌詞和訳!まとめ


LINKIN PARK歌詞和訳まとめ!

 

【日本語歌詞YouTube!】歌詞と和訳を曲の流れで併記

チャンネル登録はクリック!

 

 

 

God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun
And it can't be outfought
It can't be outdone
It can't be outmatched
It can't be outrun, no

神よ、祝福を
我らは弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民
打ち破られることはなく
敗北はなく
超えられることはなく
逃れられることはない

 

God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun
And it can't be outfought
It can't be outdone
It can't be outmatched
It can't be outrun, no

神よ、祝福を
我らは弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民
打ち破られることはなく
敗北はなく
超えられることはなく
逃れられることはない

 

 

And when I close my eyes tonight
To symphonies of blinding light
God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun

そして、今夜目を閉じる時
目が眩むような光の交響へ
神よ、祝福を
我々は弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民

 

Oh, like memories in cold decay
Transmissions echoing away
Far from the world of you and I
Where oceans bleed into the sky

冷たい腐食の中の記憶のように
響きながら消えていく伝送
この世界から遠く離れ
母なる海が、空へと血を流す場所

 

God save us everyone
Will we burn inside the fires of a thousand suns
For the sins of our hand
The sins of our tongue
The sins of our father
The sins of our young
No

神よ、ご加護を
我々は溢れる光の業火の中で焼き尽くされるのか
我らの手にある罪のため
我らの舌が犯した罪
我らが父の罪
我らの未熟ゆえの罪

 

God save us everyone
Will we burn inside the fires of a thousand suns
For the sins of our hand
The sins of our tongue
The sins of our father
The sins of our young

神よ、ご加護を
我々は千の太陽の業火の中で焼き尽くされるのか
我らの手にある罪のため
我らの舌が犯した罪
我らが父の罪
我らの未熟ゆえの罪

 

And when I close my eyes tonight
To symphonies of blinding light
God save us everyone
Will we burn inside the fires of a thousand suns

そして、今夜目を閉じる時
目も眩む光の交響へ
神よ、ご加護を
我々は溢れる光の業火の中で焼き尽くされるのか

Oh, like memories in cold decay
Transmissions echoing away
Far from the world of you and I
Where oceans bleed into the sky

冷たく腐食する記憶のように
響きながら消えていくメッセージ
この世界からかけ離れ
母なる海が空へと血を流す

 

Lift me up, let me go

召したまえ
解き放ちたまえ

 

Lift me up, let me go

救い上げてくれ
いかせてくれ

 

Lift me up, let me go

召したまえ
解き放ちたまえ

 

It can't be outfought
It can't be outdone
It can't be outmatched
It can't be outrun, no

打ち破られることはなく
敗北はなく
超えられることはなく
逃れられることはない

 

God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun
And it can't be outfought
It can't be outdone
It can't be outmatched
It can't be outrun, no

神よ、祝福を
我らは弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民
打ち破られることはなく
敗北はなく
超えられることはなく
逃れられることはない

 

LINKIN PARK歌詞和訳!まとめ


LINKIN PARK歌詞和訳まとめ!

 

「The Catalyst」の歌詞原詩

 

+ クリックすると開きます!

God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun
And it can't be outfought
It can't be outdone
It can't be outmatched
It can't be outrun, no

And when I close my eyes tonight
To symphonies of blinding light
God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun

Oh, like memories in cold decay
Transmissions echoing away
Far from the world of you and I
Where oceans bleed into the sky

God save us everyone
Will we burn inside the fires of a thousand suns
For the sins of our hand
The sins of our tongue
The sins of our father
The sins of our young
No

Lift me up, let me go

 

「The Catalyst」歌詞の意味を解説

収録されているアルバム「A Thousand Suns」は原子爆弾、核戦争と人類について綴ったコンセプトアルバム。

アルバムの2ndクレジット「The Radience」は、第二次世界大戦時にロスアラモス国立研究所の初代所長としてマンハッタン計画を主導、原子爆弾開発プロジェクトのリーダー的な役割を果たして「原爆の父」と呼ばれるロバート・オッペンハイマーが後年に原爆開発時を邂逅して残したコメントが収録。

そして、7thクレジットの「Jornada Del Muerto」はニューメキシコ州にある、最初の核実験が行われた砂漠地帯。

タイトルの「A Thousand Suns(千の太陽)」は原子爆弾を象徴するものと考えられます。

「A Thousand Suns」は、アルバムの中の曲が一繋ぎのような構成になっていて、生命の循環、歴史の繰り返しを想起させます。

日本語訳で「触媒、反応させるもの」という名前がついているこのナンバー「The Catalyst」は、アルバムの中の他曲で歌われている歌詞が曲中に散りばめられていて、そのタイトルが示す通り「A Thousand Suns」の中の曲どうしを反応させて一つのメッセージにしているような印象を受けます。

ここからは、忘備録を兼ねて和訳した時の考え方メモ、および歌詞の詳しい解説を記載していきます。

興味がある方は、下記をクリックすると開きます。

 

読みたい方は下記太字をクリック!

+ クリックすると開きます!

 

 和訳するにあたっての考え方メモ

 考え方メモ<Aメロ①>

God bless us everyone
We're a broken people living under loaded gun
And it can't be outfought
It can't be outdone
It can't be outmatched
It can't be outrun

この部分の和訳

神よ、祝福を
我らは弾丸を込められた銃の下で生きる
壊れた民
打ち破られることはなく
敗北はなく
超えられることはなく
逃れられない

「loaded gun」は「弾丸を込められた銃」。原子爆弾の脅威の下で生きる人類を意味していると考えられます。

「outfight, outdo, outmatch, outrun」はどれも似通った意味合いで「打ち負かす、~より勝る」。「outrun」には「逃げ切る」という意味もあります。

どれも受動態で使われていて、「核」という強大すぎる兵器を手にし、その脅威と背中合わせに生きる状況を表していると考えられます。

 

考え方メモ<Bメロ①>

And when I close my eyes tonight
To symphonies of blinding light

この部分の和訳

そして、今夜目を閉じる時
目が眩むような光の交響へ

「symphonies」は「(楽団などの)交響、シンフォニー」。

「目が眩むような光の交響」は原子爆弾の炸裂を意味していると思われます。

 

 考え方メモ<Bメロ②>

Oh, like memories in cold decay
Transmissions echoing away
Far from the world of you and I
Where oceans bleed into the sky

この部分の和訳

冷たい腐食の中の記憶のように
響きながら消えていく伝送
この世界からかけ離れ
母なる海が、空へと血を流す場所

「decay」は「腐食」。「transmission」は「伝送、伝達」。

最初の2節は、人類が第二次世界大戦時の原爆投下の過ちを忘れ、またいつか同じことを起こすのではないか・・というようなメッセージが想起されます。

「bleed into」は「~へと出血する」。「oceans」は意訳が入りますが「母なる海(生命の象徴)」として捉えました。

原爆の炸裂・爆発によって海と空が一つになり、生命が散っていく様を歌っていると考えました。

 

 考え方メモ<Aメロ②>

God save us everyone
Will we burn inside the fires of a thousand suns
For the sins of our hand
The sins of our tongue
The sins of our father
The sins of our young

この部分の和訳

神よ、ご加護を
我々は溢れる光の業火の中で焼き尽くされるのか
我らの手にある罪のため
我らの舌が犯した罪
我らが父の罪
我らの未熟ゆえの罪

原爆を象徴していると思われる「A Thousand Suns」は「溢れる光、千の太陽」。

「young」は「若さ、未熟さ」として捉えました。

 

考え方メモ<Cメロ>

Lift me up, let me go

この部分の和訳

召したまえ
解き放ちたまえ

ここの部分は直訳気味だと「持ち上げて、離して」。

同じフレーズが7thクレジットの「Jornada Del Muerto」にも収録されていて、そこでは日本語で「持ち上げて、解き放して」と歌われています(おそらくマイクの声)。

ニュアンスとしては、核兵器と背中合わせの現状や、もしくは原爆が投下された世界において救いを求める声を歌っているように感じ取りました。

 

曲にまつわる逸話

前作アルバム「Minutes To Midnight」で、リンキンパークは初期2作の「Hybrid Theory」、「Meteora」から音楽の方向性を変えましたが、このアルバム「A Thousand Suns」では、さらにその方向性を推し進めました。

ベーシストのフェニックスは、インタビューで「The Catalyst」について「今までに自分たちがやってきた音楽を思えば、この曲は過去からの大いなる旅立ちを示すリードシングルだよね」とコメントし、アルバムについては「”Hybrid Theory”や”Meteora”のサウンドを期待してたファンにとってはびっくりしたと思うし、理解するには時間がかかると思う。」と語っています。

この曲はコンセプトの通りミュージックビデオもダークで、DJのハーンによってプロデュースされました。

ラップボーカルとサイドギターを務めるマイクはビデオについて「もし、核分裂が見い出された時、もしくはそれがポジティブまたはネガティブなことに使われる瞬間が想像できたとしたら。美しくもあるかもしれないし、破滅的であるかもしれない。」

「もしも、はるか遠くから危険な炎を見たことがあったとしたら。近くでは破滅的でも、遠くからだと美しく見えてしまうかもしれない。これはアルバムを貫くテーマで、MVでもそういうアイディアを感じ取ることができると思う。」と語っています。

 

LINKIN PARK歌詞和訳!まとめ


LINKIN PARK歌詞和訳まとめ!

-リンキンパーク和訳
-, , ,

© 2020 LeGoon Blog-我が家の忘備録- Powered by AFFINGER5