洋楽歌詞和訳

【Qwerty和訳】リンキンパーク幻の名曲の歌詞を徹底考察&解説

更新日:

2006年のサマーソニックで来日したLINKIN PARK。ライブの中盤にマイク・シノダが「This is a new song」と紹介すると共に放った曲、その名は「Qwerty」。

ヘビーかつ印象的なギターリフとクールなラップ、そして魂のシャウトとボーカルが高次元で融合!エモーショナルな展開の中で、嘘をつかれたことに対する怒りと絶望が歌われています。

初期LINKIN PARKの集大成的なサウンドを持ちながらも、その後結局メジャーアルバムに収録されることはなかった幻の名曲とも言われる「Qwerty」。歌詞を和訳、またその意味を解説していきます。

 

 「Qwerty(Live ver.)」歌詞和訳の全文

俺は借りがあるとは思わなかった
そいつらが、俺が残した全てを奪い去るために来るまでは
君は言った、今日俺を試すつもりはないと
俺は覚えてるんだよ、昨日君がそう言ってたのを

君が自分を失ってる時なんてなかった
全ての出来事と告白
それは君が心から思ってしたものだ

君は錠剤みたいに飲み込むことができなかった
そして、そいつは完全に君を飲み込んだ
後に続けづらい、別の嘘
そいつは家までついてった

そしてそんな具合に
打ちのめされてる
君の誓いの犠牲なんだ

燃えさかる炎は制御不能
全ての出来事と告白、
それは君が心から思ってしたものだ

そしてそんな具合に
打ちのめされてる
君の嘘の犠牲なんだ

君は嘘の陰に隠れてる
なぜかはわかってない
君は一線を越えたんだ
君の嘘に包み隠されてる

嘘の陰に隠れてる
君は途方に暮れている
嘘の陰にある、その冷めた偽装の中で

俺が何を言おうとしてたか?
どう考えてたかは、わからない
俺たちはまともに話せたことなんてなかったみたいだ

1分おきに俺は自分の場所のために戦った、
でも自分が築いたものを失った
そして、思ったんだ
そこは今、君がいる場所なんじゃないかと

だから、君は知ってたんじゃないか?
君の心の中に隙間ができた時、
君は冷めてしまったんだろう

飲み込むのがつらい錠剤みたいだ
そして、そいつは完全に君を飲み込んだ
後に続けづらい、別の嘘
そいつは家までついてった

君は偽ってる、
そして間違ってる
もしこの溝を這い上がってこられる、
そう思ってるなら

見捨てられたんだ、
それは君の魂の力で分析した時に
必要だったこと

 

 

 「Qwerty(live ver.)」の歌詞と和訳を曲の流れに沿って併記

<マイク・シノダ:Rap>

I didn't think that I had a debt to pay
'Til they came to take all I had left away
You said you wouldn't put me to the test today
But I remember you saying that yesterday

俺は借りがあるとは思わなかった
そいつらが俺が残した全てを奪い去るために来るまでは
君は言った、今日俺を試すつもりはないと
俺は覚えてるんだよ、昨日君がそう言ってたのを

 

There was a time when your mind wasn't out of control
Every memory and confession born out of your soul
Like a pill you couldn't swallow and it swallowed you whole
Another lie hard to follow, it followed you home
And like that

君が自分を失ってる時なんてなかった
全ての出来事と告白
それは君が心から思ってしたものだ
君は錠剤みたいに飲み込むことができなかった
そして、そいつは完全に君を飲み込んだ
後に続けづらい、別の嘘
そいつは家までついてった
そしてそんな具合に

 

<チェスター・ベニントン>

Broken down
A victim of your plight

打ちのめされてる
君の誓いの犠牲なんだ

 

<マイク・シノダ:Rap>

Fire so out of control
Every memory and confession born out of your soul
And like that

燃えさかる炎は制御不能
全ての出来事と告白
それは君が心から思ってしたものなんだ
そしてそんな具合に

 

<チェスター・ベニントン>

Broken down
A victim of your
Lies
You hide behind
Lies
You don't know
Why
You crossed the line

打ちのめされてる
君の嘘の犠牲なんだ
君は嘘の陰に隠れてる
なぜかはわかってない
君は一線を越えたんだ

Wrapped up inside your
Lies
You hide behind
Lies
You're lost inside that cold disguise
Behind your lies

君の嘘に包み隠されてる
嘘の陰に隠れてる
君は途方に暮れている
嘘の陰にある、その冷めた偽装の中で

 

<マイク・シノダ:Rap>

I don't know what I thought I might say
Seems like we never would talk the right way
Every other minute I fought for my place
And dropped what I made and thought you might stay so

俺が何を言おうとしてたか?
どう考えてたかは、わからない
俺たちはまともに話せたことなんてなかったみたいだ
1分おきに俺は自分の場所のために戦った
でも自分が築いたものを失った
そして、思ったんだ
そこは今、君がいる場所なんじゃないかと

 

I'm guessing that you probably know
When your inside's hollow and you ought to be cold
Like a pill hard to swallow so it swallowed you whole
Another lie hard to follow, it followed you home
And like that

だから、君は知ってたんじゃないか?
君の心の中に隙間ができた時
君は冷めてしまったんだろう
飲み込むのがつらい錠剤みたいだ
そして、そいつは完全に君を飲み込んだ
後に続けづらい、別の嘘
そいつは家までついてった

 

<チェスター・ベニントン>

Broken down
A victim of your
Lies
You hide behind
Lies
You don't know
Why
You crossed the line

打ちのめされてる
君の嘘の犠牲なんだ
君は嘘の陰に隠れてる
なぜかはわかってない
君は一線を越えたんだ

 

Wrapped up inside your
Lies
You hide behind
Lies
You're lost inside that cold disguise
Behind your lies

君の嘘に包み隠されてる
嘘の陰に隠れてる
君は途方に暮れている
嘘の陰にある、その冷めた偽装の中で

 

<間奏>

 

You're faking, you're mistaken
If you think that you could climb out of this hole
Forsaken, what would take when
Analyzing by the power of your soul

君は偽ってる
そして間違ってる
もしこの溝を這い上がってこられる
そう思ってるなら
見捨てられたんだ、
それは君の魂の力で分析した時に
必要だったこと

 

Broken down, a victim of your
Faking, you're mistaken
If you think that you could climb out of this hole
Broken down, a victim of your
Lies
You hide behind
Lies
You don't know
Why
You hide behind
Lies
You don't know
Why
You hide behind
Lies
You don't know
Why

打ちのめされてる、君の偽りの犠牲なんだ
間違ってるよ
もしこの溝を這い上がってこられると思ってるなら
打ちのめされてる、君の嘘の犠牲なんだ
君はなぜかわかってない
君は嘘の陰に隠れてる
君はなぜかわかってない
君は嘘の陰に隠れてる
君はなぜかわかってない

You hide behind
Wrapped up inside your
Lies
You hide behind
Lies
You don't know
Why
You crossed the line

君は陰に隠れてる
君の嘘に包み隠されてる
君は嘘の陰に隠れてる
なぜかはわかってない
君は一線を越えたんだ

Wrapped up inside your
Lies
You hide behind
Lies
You're lost inside that cold disguise
Behind your lies

君の嘘に包み隠されてる
嘘の陰に隠れてる
君は途方に暮れている
嘘の陰にある、その冷めた偽装の中で

 

「Qwerty(Live ver.)」の歌詞原詩

 

+ クリックすると開きます!

I didn't think that I had a debt to pay
'Til they came to take all I had left away
You said you wouldn't put me to the test today
But I remember you saying that yesterday

There was a time when your mind wasn't out of control
Every memory and confession born out of your soul
Like a pill you couldn't swallow and it swallowed you whole
Another lie hard to follow, it followed you home

And like that
Broken down
A victim of your plight

Fire so out of control
Every memory and confession born out of your soul

And like that
Broken down
A victim of your lies

You hide behind lies
You don't know why
You crossed the line
Wrapped up inside your lies
You hide behind lies
You're lost inside that cold disguise
Behind your lies

I don't know what I thought I might say
Seems like we never would talk the right way
Every other minute I fought for my place
And drop what I made and thought you might stay so

I'm guessing that you probably know
When your inside's hollow and you ought to be cold
Like a pill hard to swallow so it swallowed you whole
Another lie hard to follow, it followed you home

You're faking, you're mistaken
If you think that you could climb out of this hole
Forsaken, what would take when
Analyzing by the power of your soul

 

「Qwerty」はオフィシャルで発行されている歌詞カードがないので、歌詞原詩はネット情報とライブ映像からのリスニングを元にまとめています。

 

 

 「Qwerty(live ver.)」歌詞の意味を解説

歌詞を読んでもらうとわかる通り、この曲のテーマはずばり「ウソ」。嘘をつかれたことに対する怒りと絶望を歌っている曲が「Qwerty」です。

 

Qwerty lies

 

ここからは、忘備録を兼ねて和訳した時の考え方メモ、および歌詞の詳しい解説を記載していきます。興味がある方は、下記太字部をクリックすると開きますのでどうぞ!

 

読みたい方は下記太字をクリック!

+ クリックすると開きます!

 

 和訳するにあたっての考え方メモ

 考え方メモ<ラップ①>

I didn't think that I had a debt to pay
'Til they came to take all I had left away
You said you wouldn't put me to the test today
But I remember you saying that yesterday

この部分の和訳

俺は借りがあるとは思わなかった
そいつらが、俺が残した全てを奪い去るために来るまでは
君は言った、今日俺を試すつもりはないと
俺は覚えてるんだよ、昨日君がそう言ってたのを

最初の文の「debt」は「借金、借り」という意味。「debt to pay」で「借りがある」

次の文の「'Til~」の、「take away」は「持ち去る、奪い去る」。「all I had left」は「私が残したものすべて」。

「You said~」部分では「today」と「yesterday」で韻を踏んだ歌詞になっています。

 

There was a time when your mind wasn't out of control
Every memory and confession born out of your soul

Like a pill you couldn't swallow and it swallowed you whole
Another lie hard to follow, it followed you home

And like that

この部分の和訳

君が自分を失ってる時なんてなかった。
全ての出来事と告白
それは君が心から思ってしたものだ

君は錠剤みたいに飲み込むことができなかった
そして、そいつは完全に君を飲み込んだ
後に続けづらい、別の嘘
そいつは家までついてった

そしてそんな具合に

最初の文の「There was~」文では、「not」と「out」で二重の否定的な使い方がされています。言葉数を合わせるためだったり、強調するためだったりするのでしょうが、リンキンパークのラップ部分は他の歌でもこういう回りくどい言い回しが沢山あります。

直訳するとややこしいですが、意味としては「君が自分を失ってる時なんてなかった」ということに。

続く「Every~」文でも「全ての出来事と告白は君の魂から生まれたものだ(心から思ってしたものだ)」となっているので、冒頭文で語られていることが裏付けられています。

次の「Like a pill~」部分は文が倒置されて「Like a pill」が頭にきていると考えた方が訳が自然になるのでそうしました。そうすると、「君は錠剤のようには飲み込めなかった、そしてそれは君を完全に飲み込んだ。」に。

「Another lie~」文は「follow」が何を意味するか?で変わってきますが、「後に続く」と考えると「続けるのが難しい別の嘘、それは家までついていった」。

「And like that」はマイクが歌ってはいるものの、意味的には「そのように」というニュアンスで、この後に続く歌詞の「Broken down~」にかかっていると思われます。

チェスターのシャウトの後に、ライブバージョンではもう一節マイクのラップパートで

Fire so out of control
Every memory and confession born out of your soul

この部分の和訳

燃えさかる炎は制御不能
全ての出来事と告白、
それは君が心から思ってしたものだ

が入ってます。

「Fire so out of control」は「燃えさかる炎は制御不能」としました。炎は「嘘をつかれたことに対する怒り」、もしくは「炎上してもはや止められない嘘」を象徴していると思われます。

 

Qwerty linkin park fire

 

考え方メモ<シャウト&サビ>

Broken down
A victim of your lies

You hide behind lies
You don't know why
You crossed the line
Wrapped up inside your lies

You hide behind lies
You're lost inside that cold disguise
Behind your lies

この部分の和訳

打ちのめされてる。
君の嘘の犠牲なんだ

君は嘘の陰に隠れてる
なぜかはわかってない
君は一線を越えたんだ
君の嘘に包み隠されてる

嘘の陰に隠れてる
君は途方に暮れている
嘘の陰にある、その冷めた偽装の中で

「Break down」で、「がっくりする、叩き壊す」という意味なので、最初の2文は「打ちのめされてる。君の嘘の犠牲だ」という意味に。

ちなみにライブバージョンではこの前に「A victim of your plight」(君の誓約の犠牲なんだ)というシャウトも入っています。

サビ部分は訳としては難しい表現はありませんが、どこで文を区切るのか?が微妙な箇所ばかり。

「You're lost inside that cold disguise behind your lies」に関しては一続きの文と考え、あとは単文として考えました。

 

 考え方メモ<ラップ②>

I don't know what I thought I might say
Seems like we never would talk the right way

Every other minute I fought for my place
And dropped what I made and thought you might stay so

この部分の和訳

俺が何を言おうとしてたか?
どう考えてたかは、わからない
俺たちはまともに話せたことなんてなかったみたいだ

1分おきに俺は自分の場所のために戦った、
でも自分が築いたものを失った
そして、思ったんだ
そこは今、君がいる場所なんじゃないかと

最初の文、「I don't know~」はややこしいですが、「俺が何を言おうと考えてたか、俺はわからない」。

「Seems like ~」は、「正しいやり方で話したことなんてなかったみたいだ」。

次の文は、「every other」で「~おきに」という意味なので、「1分おきに俺は自分の場所のために戦った」。

次の「And drop what I made」で、「自分が作ったものを失くした」。

そして続く文、「and thought you might stay so」で、「そして君が居座ってるんじゃないかと考えてる、だから」。

つまり、「And drop what ~」文では、「自分が築いたものを失い、そしてそこに君が居座ってると考えてる」という意味と捉えられます。

 

I'm guessing that you probably know
When your inside's hollow and you ought to be cold

Like a pill hard to swallow so it swallowed you whole
Another lie hard to follow, it followed you home

この部分の和訳

だから、君は知ってたんじゃないか?
君の心の中に隙間ができた時、
君は冷めてしまったんだろう

飲み込むのがつらい錠剤みたいだ
そして、そいつは完全に君を飲み込んだ
後に続けづらい、別の嘘
そいつは家までついてった

最初の文、「I'm guessing~」は、「君は知ってたんだろう!?」ということですね。前の一節「俺が築いた場所に君が居座ってる」を受けての文と考えられます。

「When your inside's~」で「hollow」は「空洞になる、隙間ができる」、「ought to~」で「~すべき、~だろう」と言う意味です。なので、ここは「君の内部がくりぬかれて、君は冷たくなったんだろう」となります。

「Like a pill~」部分は最初のラップパートと似てますが、少し表現が変わってます。「飲み込むのがつらい錠剤みたいだ、そしてそいつは完全に君を飲み込んだ」

 

Qwerty linikinpark pill

 

 考え方メモ<Cメロ>

You're faking, you're mistaken
If you think that you could climb out of this hole

Forsaken, what would take when
Analyzing by the power of your soul

この部分の和訳

君は偽ってる、
そして間違ってる
もしこの溝を這い上がってこられる、
そう思ってるなら

見捨てられたんだ、
それは君の魂の力で分析した時に
必要だったこと

ミドルテンポからまた一転、曲のテンポが上がって展開は激しくなりCメロへ。チェスターが早口でシャウトしてる部分です。

最初の2文は、割とわかりやすいです。「君は偽ってる、君は間違ってる。もしこの溝を這い上がってこられると考えてるなら」。嘘に対する怒りを叫んでます。

「Forsaken~」部分は表現が少し難しくてチェスターも早口なので正確に聴き取るするのが難しいですが、繰り返し聴くとおそらく上記のように言っています。

「forsake」は「~を見捨てる、見放す」。文は直訳すると「見捨てられた、君の魂の力で分析した時にとったであろうことだ」。こちらは嘘に対する絶望を叫んでる感じですね。

 

 

 単語、ワードメモ

+ 単語、ワードメモ

  • debt  借金、借り
  • take away  奪い去る、取り上げる
  • pill  錠剤
  • follow  後に続く、ついていく
  • like that  そんなふうに、そんな具合に、そんなに
  • plight  誓い、誓約
  • break down  叩き壊す、壊れる、故障する
  • victim  犠牲者、被害者
  • wrap up 包む、くるまる
  • every other  一つおきの、他のすべての
  • hollow  くりぬく、隙間ができる
  • ought to ~すべきだ、~のはずだ
  • forsake  見捨てる、見放す  

 

 路線変更により?お蔵入りになった「Qwerty」

冒頭で記載した通り、2006年のサマーソニックで初披露されたこの曲。で、実はそのライブに私は参戦してました。なのでライブ映像をくまなく探せば映ってます。

 

 

え?どこどこ?
ほらほら!あの、1分35秒のとこの・・右から27番目の、前から・・39番目!
・・って、わかるわけないでしょ!

 

全世界で総計3000万枚以上売れたと言われる、1stアルバム「Hybrid Theory」、2ndアルバム「Meteora」。それにすっかり魅了されていた私が初めて行ったリンキンパークのライブがサマーソニックでした。

初めて生で演奏を聴いて興奮してたとこにガツン!と来たこの「Qwerty」。もうドツボで

神だ・・神曲だ・・!(感涙)

という感じでした。

その時はタイトルすらわからなかったのですが、

こんないい曲は3rdアルバムには必ず入るに違いない・・♪

そう確信して発売を待ったのです。

が、なんと3rdアルバム「Minutes To Midnight」からリンキンパークは大幅に音楽的な路線変更。1st、2ndのヘビーサウンドは鳴りを潜めてしまいました。

そしてこの「Qwerty」も3rdアルバムからは除外(涙)。その後、メジャーアルバムに収録されることはない、幻の一曲となってしまったのです。

 

ファンクラブ限定CDに収録

しかし、この曲をどうしてもまた聞きたかった私・・。ただ当時は今のようにYoutubeがあまり出回ってませんでした。

そして3年ほど経過したある日、CDショップの視聴コーナーで手に取ったリンキンパークのミニアルバム「Songs from the underground」で再会することができたのです。

ちなみに「Songs from the underground」はリンキンパークのファンクラブ限定CDからピックアップされた何曲かが収録されたアルバム。

で、最初イントロを聴いた時は

あ、あの曲だ!!!

と、そりゃもう興奮!!ですが、曲が進むにつれて違和感が・・。そう、スタジオバージョンはライブとアレンジが変わってしまってるんです。

「Qwerty」はサマーソニックの時のアレンジがもう神がかり的に良かったのでガッカリでした。

その後、また「Qwerty」が聞けないかという思いもありつつ、リンキンパークのライブに2回行きましたが、結局セットリストにはのらず・・。

そしてチェスターが天国へ旅立ってしまい(涙)、もうあの興奮を生で味わう機会は永遠に来なくなってしまいました・・。でも今はこうしてそのライブ音源をYouTubeで高画質で見ることができて、幸せです。

 

「Qwerty」というタイトル

「Qwerty」はキーボードの左上からの6文字のことで、配列の名称として「Qwerty配列」とかいう使い方をされます。

ただ、なんかタイトルとしては意味がよくわからないですよね。それかむしろ、あえて意味のないタイトルにしたのか・・

この曲は当初、ファンの間では「Behind your lies」という名前で通ってたようです。たしかに歌詞の内容からいけば、そっちの方がよっぽどしっくりきますね。

ただ、メンバーがこの曲を「Behind your lies」と呼ぶことはなかった模様。

3rdアルバムからはもう路線変更してこの曲を入れないことを決めてたので、表に出さない曲ということでタイトルに意味を持たせたなくなかったのかもしれません。

 

 まとめ

リンキンパーク幻の名曲ともいわれる「Qwerty」。歌詞の内容もリンキンパークっぽくクールで深く読み込んだ甲斐がありました。

興味を持たれた方はぜひ一度、この曲が最高の形で収録されているライブ映像を見てみてください!

 

-洋楽歌詞和訳
-, ,

Copyright© LeGoon Blog-我が家の忘備録- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.