幼児連れ旅行記 沖縄

沖縄で思い出に残るお土産を手作りで!幼児もできるおすすめ体験型ショップ

更新日:

むら咲むら 手作りお土産

6歳、3歳、0歳の子連れで行った沖縄旅行。

ちょっと時間余っちゃったね~
どこ行こう?

となった時に、気軽に行けて楽しめた場所があったので紹介します。

沖縄らしいアクティビティができて、手作りのお土産まで持って帰れるおすすめスポットですよ!

 

手作りワークショップ 体験王国「むら咲むら」

体験王国 むら咲むら

我が家が行ったのは、体験王国「むら咲むら」。

アクセサリーや食べ物の手作りワークショップが満載!

むら咲むらでは

  • サーターアンダギー
  • 手作りシーサー
  • サンゴクラフト
  • クリスタルビーチアクセサリー

など食べ物や雑貨を作れる32の工房があって、101の体験をすることができます。

元々は、過去にNHK大河ドラマのオープンスタジオとして利用されていた施設のようで、確かに行ってみるとそんな雰囲気がありました。

首里城のような赤塗りの建物からは、琉球王国時代の雰囲気を感じ取ることができます。




 

リーズナブルに子連れでも楽しめる

「むら咲むら」には入場するのに料金がかかります。個人で大人1人600円、でも小学生未満の幼児は無料でした。

それとは別に、ワーク毎でもお金がかかります。ですが、お土産として持ち帰れるものがほとんどですし、良心的な価格でリーズナブルに体験を楽しむことができます。

また、ワークの中には「小学生以上」など年齢制限が設けられているものもありますが、幼児が参加できるものもたくさんありました。

屋内の工房がほとんどですので、敷地内を歩くのには傘が必要ですが、雨の場合でも楽しむことができます。

むら咲むら

むら咲むら

 

沖縄本島の中央部付近に位置。アクセス良好

「むら咲むら」の場所は沖縄の中央部付近。なので、どこからでも比較的アクセスがしやすくなっています。

ちなみに那覇空港からは車で約1時間半となっています。

むら咲むら場所




 

星砂や貝がら・サンゴを使ったお土産を作りました

我が家では6歳、3歳の子が

  • 星砂をビン詰めしたかわいい置物お土産
  • クリスタルビーチアクセサリー

をつくりました。

星砂をビン詰めしたかわいい置物お土産

置物お土産は、まず星の形をした砂「星砂」を小さい小瓶の中に入れます。星砂はあらかじめ、カラフルに着色されたものが用意されています。

ちなみに「星砂」って実は砂じゃなくて小さな生き物の殻らしいよ!
へ~・・ってかそのうんちく、沖縄いた時に聞きたかったわ。

その後、その小瓶を貝殻やサンゴ、シーサーなどお店が用意してくれている小物にグルーガンでくっつけていきます。熱して溶かした樹脂を使うので、基本的にはこれは親の作業。

小物や貝殻は使える数は決まってますが自由に選ぶことができるので、オリジナルの手作りお土産を作ることができます。

むら咲むら 手作りお土産

1時間もかからずに、このような手のひらサイズのお土産が完成!よく沖縄のお土産店でも売ってますよね。それがハンドメイドでできるので、ただ買うよりも思い出にも残ります。

 

クリスタルビーチアクセサリー

クリスタルビーチアクセサリー

6歳の長女は、別のワークでこんなストラップも作りました。

ストラップのメインの「貝殻やビーズが入った丸い樹脂」はあらかじめショップでいくつか用意されているものを選びます。

それに自分が好きな色のストラップ、小物をつけて完成。置物よりは手作りの部分は少ないですが、女の子はアクセサリー好きなので大喜びしてました。

 

むら咲むらに行った感想

合計3つのお土産をつくりましたが、料金は家族5人で行って5千円もかかりませんでした。

当初は行く予定なくて、時間が余ったのでフラッと立ち寄ったスポットでしたが、とても楽しく色々体験できる場所で、行って大正解。

お店の人も皆フレンドリーで、子どもにも優しく教えてくれましたよ。

他にも大人から子供まで楽しめる色々な体験や、お土産屋さんもありますし、食事も可能。なんならホテルも併設されています。

幼児連れにもオススメなので、興味を持った方は検討してみてください。

⇒むら咲むら公式サイト

 

-幼児連れ旅行記, 沖縄
-,

Copyright© LeGoon Blog-我が家の忘備録- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.