マイ・ケミカル・ロマンス和訳

【Na Na Na和訳】マイケミの歌詞を徹底考察&解説

na na na 和訳

マイ・ケミカル・ロマンスのアルバム「Danger Days」のオープニングナンバー「Na Na Na(Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」。

巨大な支配に立ち向かう、マイケミが扮する反抗勢力”Killjoy(キルジョイ)”の生き様を歌ったナンバー。

和訳と意味を解説していきます。

 

 「Na Na Na(Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」歌詞和訳の全文

 

クスリ、クスリをくれよ
クスリをくれ、俺には必要ないけど
お前らが手にしたものを売り飛ばしてやる
金を奪って、それをとっとくんだ
壁にひっつく八本足
アクセルを踏みこんで - あいつらをぶっ潰す
俺たちは這いつくばって
お前らが俺の起爆装置

愛、愛をくれ
愛をくれよ、俺には必要ないけど
俺は、俺が欲しいものをお前らの心から奪ってく
それを箱の袋の中に入れて
床にX印を描いとくんだ
もっとくれ、もっとくれよ、もっと欲しい
黙れよ、俺と一緒に歌うんだ

ショッピングモールの警備のオッサンだろうが
どんな敵だろうが
俺たちはお前らに
“V”のフォーメーションで立ちはだかる
動脈を爆破しようぜ
美容整形なんて食っちまえ
謝罪はとっておけ
もっと爆発を
もっとくれ、もっと

なぁ話していいか、その悲しいやつのこと
黙れって、見せてみろよジャズハンドを
思い出せ、マッドマンだったんだ
自分をバットマンだと思ってた
ガス缶であいつらを襲おうって
キスしやがれ、このケダモノが!

お前らは会社を経営して
ケネディ一家のあいつみたいにやっちゃって
ていうか俺らは燃やしちまいたいんだよ、お前の情報なんか
動脈を爆破しようぜ
美容整形なんて食っちまえ
謝罪はとっとけ
もっと爆発をくれよ

まさに、今ここで
バッテリーシティの至る所で
小さな子供らが、汚れた手を掲げてる
天へと向かう、ちっぽけなナイフみたいに
そして、全ての少年院
リタリン漬けのネズミども
ネオンと、くそったれなゴミ屑でできた天使たちに祈りやがれ
叫ぶんだ、「誰が救ってくれるの?」って
そして空が開けてく

誰もが世界を変えたい
でもだれも、だれも死にたくなんてない
やってみたい
俺が起爆装置に

謝罪なんてすんなよ
“死”か”勝利”かだ
俺の一存で
突っ込んで炎上だ、若くして装填は完了
銃弾の薬莢みたいに落っこちて
潜伏工作員みたいにふるまって
半端なとこなんかより、むしろ地獄へ行きてぇんだよ
髪を切りな、俺を黙らせてうんざりさせてみろ
ピンを引け、この世界を爆破しようぜ

 

 

 

【日本語歌詞YouTube!】歌詞と和訳を曲の流れで併記

チャンネル登録はクリック!

 

 

 

The future is bulletproof
The aftermath is secondary
It's time to do it now and do it loud
Killjoys, make some noise!

未来は盤石
後のことなんて二の次さ
今がその時だぜ、声を上げろ
やっちまいなキルジョイども!

Drugs, gimme drugs
Gimme drugs, I don't need it
But I'll sell what you got
Take the cash - and I'll keep it
8 legs to the wall
Hit the gas - Kill ‘em all
And we crawl, and we crawl, and we crawl
You be my detonator

クスリ、クスリをくれよ
クスリをくれ、俺には必要ないけど
お前らが手にしたものを売り飛ばしてやる
金を奪って、それをとっとくんだ
壁にひっつく八本足
アクセルを踏みこんで - あいつらをぶっ潰す
俺たちは這いつくばって
お前らが俺の起爆装置

 

Love, gimme love
Gimme love, I don't need it
But I'll take what I want from your heart
And I'll keep it in a bag in a box
Put an "X" on the floor
Give me more, give me more, give me more
Shut up and sing it with me

愛、愛をくれ
愛をくれよ、俺には必要ないけど
俺は、俺が欲しいものをお前らの心から奪ってく
それを箱の袋の中に入れて
床にX印を描いとくんだ
もっとくれ、もっとくれよ、もっと欲しい
黙れよ、俺と一緒に歌うんだ

 

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
From mall security
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
To every enemy
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na)
We're on your property
Standing in “V” formation
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Let's blow an artery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Eat plastic surgery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Keep your apology
Give us more detonation
More, give me more, give me more

ショッピングモールの警備のオッサンだろうが
どんな敵だろうが
俺たちはお前らに
“V”のフォーメーションで立ちはだかる
動脈を爆破しようぜ
美容整形なんて食っちまえ
謝罪はとっておけ
もっと爆発を
もっとくれ、もっと

Oh let me tell you 'bout the sad man
Shut up and let me see your jazz hands
Remember when you were a mad man
Thought you was Batman
And hit the party with a gas can
Kiss me, you animal

なぁ話していいか、その悲しいやつのこと
黙れって、見せてみろよジャズハンドを
思い出せ、マッドマンだったんだ
自分をバットマンだと思ってた
ガス缶であいつらを襲おうって
キスしやがれ、このケダモノが!

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
You run the company
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Fuck like a Kennedy
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
I think we'd rather be
Burning your information
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Let's blow an artery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Eat plastic surgery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Keep your apology
Give us more detonation

お前らは会社を経営して
ケネディ一家のあいつみたいにやっちゃって
ていうか俺らは燃やしちまいたいんだよ、お前らの情報なんか
動脈を爆破しようぜ
美容整形なんて食っちまえ
謝罪はとっとけ
もっと爆発をくれよ

And right here, right now
All the way in Battery City
The little children raise their open filthy palms
Like tiny daggers up to heaven
And all the juvee halls
And the Ritalin rats
Ask angels made from neon and fucking garbage
Scream out - What will save us?
And the sky opened up

まさに、今ここで
バッテリーシティの至る所で
小さな子供らが、汚れた手を掲げてる
天へと向かう、ちっぽけなナイフみたいに
そして、全ての少年院
リタリン漬けのネズミども
ネオンと、くそったれなゴミ屑でできた天使に祈りやがれ
叫ぶんだ、「誰が救ってくれるの?」って
そして空が開けてく

Everybody wants to change the world
Everybody wants to change the world
But no one, no one wants to die
Wanna try, wanna try, wanna try
Wanna try, wanna
I'll be your detonator

誰もが世界を変えたい
でもだれも、だれも死にたくなんてない
やってみたい
俺が起爆装置に

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Make no apology
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
It's death or victory
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
On my authority
Crash and burn - young and loaded
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Drop like a bullet shell
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Dress like a sleeper cell
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
I'd rather go to hell
Than be in purgatory
Cut my hair, gag and bore me
Pull this pin, let this world explode

謝罪なんてすんなよ
“死”か”勝利”かだ
俺の一存で
突っ込んで炎上だ、若くして装填は完了
銃弾の薬莢みたいに落っこちて
潜伏工作員みたいにふるまって
半端なとこなんかより、むしろ地獄へ行きてぇんだよ
髪を切りな、俺を黙らせてうんざりさせてみろ
ピンを引け、この世界を爆破しようぜ

 

 

 

 「Na Na Na(Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」の歌詞原詩

 

+ クリックすると開きます!

Drugs, gimme drugs
Gimme drugs, I don't need it
But I'll sell what you got
Take the cash - and I'll keep it
8 legs to the wall
Hit the gas - Kill ‘em all
And we crawl, and we crawl, and we crawl
You be my detonator

Love, gimme love
Gimme love, I don't need it
But I'll take what I want from your heart
And I'll keep it in a bag in a box
Put an "X" on the floor
Give me more, give me more, give me more
Shut up and sing it with me

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
From mall security
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
To every enemy
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na)
We're on your property
Standing in “V” formation
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Let's blow an artery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Eat plastic surgery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Keep your apology
Give us more detonation
More, give me more, give me more

Oh let me tell you 'bout the sad man
Shut up and let me see your jazz hands
Remember when you were a mad man
Thought you was Batman
And hit the party with a gas can
Kiss me, you animal

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
You run the company
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Fuck like a Kennedy
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
I think we'd rather be
Burning your information
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Let's blow an artery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Eat plastic surgery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Keep your apology
Give us more detonation

And right here, right now
All the way in Battery City
The little children raise their open filthy palms
Like tiny daggers up to heaven
And all the juvee halls
And the Ritalin rats
Ask angels made from neon and fucking garbage
Scream out - What will save us?
And the sky opened up

Everybody wants to change the world
Everybody wants to change the world
But no one, no one wants to die
Wanna try, wanna try, wanna try
Wanna try, wanna
I'll be your detonator

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Make no apology
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
It's death or victory
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
On my authority
Crash and burn - young and loaded
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Drop like a bullet shell
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Dress like a sleeper cell
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
I'd rather go to hell
Than be in purgatory
Cut my hair, gag and bore me
Pull this pin, let this world explode

 

 「Na Na Na(Na Na Na Na Na Nda Na Na Na)」歌詞の意味を解説

このナンバーが収録されている「Danger Days」は、一つのストーリーの上で展開するコンセプトアルバムになっています。

大まかな設定・ストーリー

近未来の都市、バッテリーシティ。

そこではベター・リビング・インダストリー(BLI)という巨大企業が、飲むとまやかしの感情を得られるクスリを使って人々をコントロールし、支配をしています。

そのクスリによって、バッテリーシティは快適でいかなる危険もありませんが、その一方で熱狂や興奮は何もありません。

マイケミはそんな体制に反発。与えられた偽りの感情でなく、自分自身の感情を取り戻そうとする反抗勢力"キルジョイ"に扮して戦います。

キルジョイは、バッテリーシティ外部のエリアを活動拠点としてBLIに立ち向かい、戦闘集団であるスケアクロー(ボスのコーズと、ドラキュロイド達)と戦闘を繰り広げるのです。

 

「Danger Days」では、その架空のストーリーを通して現代社会に対する暗喩、批判を歌っています。

タイトルの「Na Na Na(Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」は歌の中で繰り返し使われるフレーズですが、これは1960年代のバットマンのテーマソングからきている模様。

 

0:35あたりをチェック


 

歌詞にも出てきますが「Na Na Na」の中で、マイケミはバットマン等の悪を倒すヒーローに、自分たちをなぞらえて歌っているフシがあります。

「Na Na Na」の歌詞には上記のストーリー以外の部分でも色々なアイディアが詰め込まれていて一筋縄な解釈が難しいところもありますが、ここからは忘備録を兼ねて和訳した時の考え方メモ、および歌詞の詳しい解説を記載していきます。

興味がある方は、下記をクリックすると開きます。

 

読みたい方は下記太字をクリック!

+ クリックすると開きます!

 

 和訳するにあたっての考え方メモ

 考え方メモ<イントロ>

The future is bulletproof
The aftermath is secondary
It's time to do it now and do it loud
Killjoys, make some noise!

この部分の和訳

未来は盤石
後のことなんて二の次さ
今がその時だぜ、声を上げろ
やっちまいなキルジョイども!

ここはミュージックビデオの中で、「Dr. Death Defying(直訳:命知らず博士)」がナレーションしている部分。

「Dr. Death Defying」はパイレーツDJで、公共にはない電波を使ってキルジョイなど反抗勢力に対するサポートをしています。

「aftermath」は「後遺症、後のこと」。「secondary」は「あまり重要でない、二次的な」。

「The aftermath is secondary(後のことは二の次)」は、BLIのスローガンとしてミュージックビデオの中にも登場しているフレーズ。BLIが暗喩する、現代社会の考え方にも通じるものがあります。

ここでは文字通りの意味と、皮肉もこめて、Dr.Death Defyingが「The aftermath is secondary(後のことは二の次)」と、ナレーションをしていると考えられます。

「killjoy(キルジョイ)」はマイケミ扮する反抗勢力の名前ですが、意味としては「場をしらけさせる奴」。

これは「BLIに支配されている社会体制(当たり前だと思われている社会体制)に反発する者たち」ということで、皮肉を込めてネーミングされていると考えられます。

「make some noise」はよくライブなどで使われる言葉で、「騒げ、盛り上がれ」という意味。ここでは「騒ぎ立てろ、やっちまえ」というニュアンスとして捉えました。

 

考え方メモ<Aメロ①>

Drugs, gimme drugs
Gimme drugs, I don't need it
But I'll sell what you got
Take the cash - and I'll keep it
8 legs to the wall
Hit the gas - Kill ‘em all
And we crawl, and we crawl, and we crawl
You be my detonator

この部分の和訳

クスリ、クスリをくれよ
クスリをくれ、俺には必要ないけど
お前が手にしたものを売り飛ばしてやる
金を奪って、それをとっとくんだ
壁にひっつく八本足
アクセルを踏みこんで - あいつらをぶっ潰す
俺たちは這いつくばって
お前らが俺の起爆装置

「drug(クスリ)」はBLIが市民へ供給している、まやかしの感情を与える薬。キルジョイはそんなものは自分たちには必要ない、金に換えてやると歌っています。

「8 legs(8本足)」はキルジョイのトレードマーク、クモの足の数。

「hit the gas」は「アクセルを踏む」。「detonator」は「起爆装置」。

 

 考え方メモ<Aメロ②>

Love, gimme love
Gimme love, I don't need it
But I'll take what I want from your heart
And I'll keep it in a bag in a box
Put an "X" on the floor
Give me more, give me more, give me more
Shut up and sing it with me

この部分の和訳

愛、愛をくれ
愛をくれよ、俺には必要ないけど
俺は、俺が欲しいものをお前らの心から奪ってく
それを箱の袋の中に入れて
床にX印を描いとくんだ
もっとくれ、もっとくれよ、もっと欲しい
黙れよ、俺と一緒に歌うんだ

前節で「クスリ(まやかしの感情)はいらない」と歌っていたキルジョイは、代わりに「愛(本物の感情)をくれ。それをお前らの心から奪ってやる」と歌っていますね。

 

 考え方メモ<サビ①>

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
From mall security
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
To every enemy
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na)
We're on your property
Standing in “V” formation
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Let's blow an artery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Eat plastic surgery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Keep your apology
Give us more detonation
More, give me more, give me more

この部分の和訳

ショッピングモールの警備のオッサンだろうが
どんな敵だろうが
俺たちはお前らに
“V”のフォーメーションで立ちはだかる
動脈を爆破しようぜ
美容整形なんて食っちまえ
謝罪はとっておけ
もっと爆発を
もっとくれ、もっと

「mall security」は「ショッピングモールの警備員」。

ショッピングモールの警備員は、一般にとても強そうには見えないようなオッサンがやっていることが多く、ここでは「every enemy」との対比で使われていると思われます。

「We're on your property」は直訳すると、「俺たちはお前たちの所有地に」。

「Standing in "V"formation」は「"V"のフォーメーションで立つ」。これは日本のヒーロー、スーパー戦隊シリーズの決めポーズを意識していますね。

「blow an artery」は「動脈を爆破」。アメリカ社会のジャンクフードの蔓延ぶりを歌っていると思われます。

「Eat plastic surgery」は直訳すると「美容整形を食べろ」で、セレブ達の整形に対する批判が感じられます。

 

考え方メモ<Aメロ③>

Oh let me tell you 'bout the sad man
Shut up and let me see your jazz hands
Remember when you were a mad man
Thought you was Batman
And hit the party with a gas can
Kiss me, you animal

この部分の和訳

なぁ話していいか、その悲しいやつのこと
黙れって、見せてみろよジャズハンドを
思い出せ、マッドマンだったんだ
自分をバットマンだと思ってた
ガス缶であいつらを襲おうって
キスしやがれ、このケダモノが!

ここはキルジョイ自身のことを歌っていると思われる箇所。

「jazz hands(ジャズハンド、ジャズハンズ)」はダンスなどで手をヒラヒラと振る動きのこと。

 

ジャズハンド

 

Remember~の下りは、バットマンシリーズの映画「ダークナイト」の中で敵役のジョーカーが病院を大爆発させるシーンが想像されます。

キルジョイは、自分たちがバットマンみたいなスーパーヒーローのつもりでいるけど、実はそんないいもんでもなくてマッドマン(狂ったやつ≒ジョーカー)みたいなもんだ、ということを皮肉を込めて歌っていると思われます。

 

考え方メモ<サビ②>

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
You run the company
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Fuck like a Kennedy
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
I think we'd rather be
Burning your information
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Let's blow an artery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Eat plastic surgery
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Keep your apology
Give us more detonation

この部分の和訳

お前らは会社を経営して
ケネディ一家のあいつみたいにやっちゃって
ていうか俺らは燃やしちまいたいんだよ、お前らの情報なんか
動脈を爆破しようぜ
美容整形なんて食っちまえ
謝罪はとっとけ
もっと爆発をくれよ

「the company」はBLIを指していると考えられます。

「a Kennedy」で「ケネディ家の人」という意味。大統領も輩出している高名なケネディ家を引き合いに出して、BLIがやりたい放題にやっている様を歌っていると思われます。

 

考え方メモ<Cメロ①>

And right here, right now
All the way in Battery City
The little children raise their open filthy palms
Like tiny daggers up to heaven
And all the juvee halls
And the Ritalin rats
Ask angels made from neon and fucking garbage
Scream out - What will save us?
And the sky opened up

この部分の和訳

まさに、今ここで
バッテリーシティの至る所で
小さな子供らが、汚れた手を掲げてる
天へと向かう、ちっぽけなナイフみたいに
そして、全ての少年院
リタリン漬けのネズミども
ネオンと、くそったれなゴミ屑でできた天使に祈りやがれ
叫ぶんだ、「誰が救ってくれるの?」って
そして空が開けてく

「all the way」で「はるか~、ずっと」。

「filthy palms」は「汚れた、汚い手のひら」。

「dagger」は「短剣、短刀」。「juvee hall」は「少年院」。

「ritalin(リタリン)」は精神疾患の薬。

「angels made from neon and fucking garbage」は「ネオンと、くそったれなゴミ屑でできた天使たち」。

ネオンは、キルジョイが着ている様々な色の派手な衣装を指していると考えられます。なので、「天使たち」はキルジョイ自身のことを指していると思われます。

 

考え方メモ<Cメロ②>

Everybody wants to change the world
Everybody wants to change the world
But no one, no one wants to die
Wanna try, wanna try, wanna try
Wanna try, wanna
I'll be your detonator

この部分の和訳

誰もが世界を変えたい
でもだれも、だれも死にたくなんてない
やってみたい
俺がお前の起爆装置に

ここは、キルジョイの本音と覚悟が垣間見える部分です。

 

考え方メモ<サビ③>

Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Make no apology
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
It's death or victory
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
On my authority
Crash and burn - young and loaded
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Drop like a bullet shell
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Dress like a sleeper cell
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
I'd rather go to hell
Than be in purgatory
Cut my hair, gag and bore me
Pull this pin, let this world explode

この部分の和訳

謝罪なんてすんなよ
“死”か”勝利”かだ
俺の一存で
突っ込んで炎上だ、若くして装填は完了
銃弾の薬莢みたいに落っこちて
潜伏工作員みたいにふるまって
半端なとこなんかより、むしろ地獄へ行きてぇんだよ
髪を切りな、俺を黙らせてうんざりさせてみろ
ピンを引け、この世界を爆破しようぜ

「on my authority」は「自分の権限で」。

「loaded」は「装填された」。「loaded gun」で「装填された銃」となります。

「bullet shell」は「銃弾の薬莢」。

「sleeper cell」は「潜伏工作員」。

「purgatory」は「煉獄」。「天国には行けなかったけど、地獄にも墜ちなかった人の行く中間的なところで、苦罰によって罪を清められた後、天国に入るとされる場所」とされています。

「I'd rather go to hell than be in purgatory」は、「中途半端な所に行くくらいなら、むしろ地獄に行ってやるよ」という覚悟を示すフレーズだと思われます。

「gag」は「猿ぐつわをかませる、黙らせる」。

 

 

 まとめと、曲にまつわる逸話

歌詞を見ていくとキルジョイ達は、「いわゆる悪を倒す格好良いスーパーヒーローではなくて、泥臭くて人間臭く、弱っちい存在・・でもやってやるんだよ」というようなニュアンスが伝わってきます。

他のヒーローを引き合いに出して自分たちを嘲りつつ、パンクな反抗勢力として歌われています。

この曲は「Danger Days」の中でも最初に作成された曲で、前作「Black Parade」のツアーが終わった後に「自分達が一体何者なのか、少し確認するのに時間がかかったけど”Na Na Na”の根底にはものすごい力強さがあって、自分たちに勢いを与えてくれた曲なんだ」とボーカルのジェラルドは語っています。

 

 

-マイ・ケミカル・ロマンス和訳
-, , ,

© 2020 LeGoon Blog-我が家の忘備録- Powered by AFFINGER5