北海道 幼児連れ旅行記

北海道、幼児が雨でも楽しめた!おすすめスポットを厳選して紹介

更新日:

北海道 雨 幼児

子供連れで楽しみな北海道旅行!でも、もしかすると雨に祟られてしまう可能性も0ではありません・・。

そんな時でも楽しめるスポットはどこなのか?

幼児連れで北海道に行った我が家が

  • 実際雨の日に行って楽しめたところ
  • 下調べした、雨の日でも楽しめそうなスポット

を紹介いたします。

 

ドラえもんわくわくスカイパーク(新千歳空港)

  • 新千歳に着いた時点で雨
  • 北海道最終日が雨

であれば、割り切って空港内で過ごすという選択肢もアリです。

新千歳空港は飛行機離発着の空港としての機能のみならず、映画館や温泉などのエンターテイメント施設としても充実してますので。

中でも幼児が楽しめるスポットの筆頭格が「ドラえもんわくわくスカイパーク」です。

無料ゾーン

キッズフリーゾーン

ドラえもんパーク キッズゾーン

どら焼き型の滑り台とか、遊具が置いてあって幼児が走り回れる無料スペースがあります。

凝った遊具はないので、楽しめるのは小学生未満というところですが、逆に言えば幼児にとってはうってつけの場所。

雨の日どうこうというだけでなく、

  • フライト前後に体を動かしてストレス発散
  • 親がお土産を見ている間の子供の時間つぶし(付き添いは必要ですが)

にも活用することができますよ。

6歳の子(小学1年生)はすぐに飽きてしまいましたが、下の2人はかなりハマって小1時間くらいはここで体を動かしてました。

 

ライブラリー・ワークショップ

ドラえもんパーク ライブラリー

小学生以上の子なら、キッズゾーン隣のライブラリーがオススメ。

何か国語かのドラえもんのマンガが置いてあって、無料で読むことができます。

同じスペースで、工作のワークショップも。こちらは有料ですが、1000円以下の料金で、ドラえもんキャラの「ビニール焼き」や「立体ぬりえ」を作れます。

 

有料ゾーン

ドラえもんパーク 有料ゾーン

入るのに料金がかかりますが、もう少し遊べる「パークゾーン」というのもあります。

パークゾーン内にはちょっとしたアトラクションや、ドラえもんキャラクターとの記念撮影がたくさんできるスペースが。

正直なところ、そこまですごいアトラクションがあるわけではありませんが、

  • 無料ゾーンだけでは物足りず、もっと遊びたい
  • ドラえもん好きなので、世界観をもっと楽しみたい

という場合にはオススメです。小学校低学年くらいまでなら楽しむことができます。

1番下の子は「動く等身大ドラえもん」の登場でびびって泣き出したり(笑)ちょっと微妙でしたが、上の2人は喜んでました。

新千歳に着いた時点で雨がザンザン降りだった我が家は、ドラえもんパーク含め、結局新千歳空港で半日以上すごしてました。

ドラえもんパーク パークゾーンお絵描き
パーク内には、他にもキャラ満載のカフェやお土産ショップもあります。

上記の通りで無料で楽しめるゾーンもありますので、幼児連れは行ってみて損はないと思います。

⇒ドラえもんわくわくスカイパーク公式サイト

 

ハローキティハッピーフライト(新千歳空港)

ハローキティハッピーフライト
ドラえもんパークと同じく空港内の施設ですぐ近くにあるのが、「ハローキティハッピーフライト」です。

キッズスペースやカフェ、ショップがあったり、施設の内容は「ドラえもんパーク」とかなり似ていますね。

我が家はキティちゃんよりはドラえもんだったので「ドラえもんパーク」に行きましたが、キティちゃん好きの場合はこちらもチェックしたいですね。

⇒ハローキティハッピーフライト公式サイト




 

旭山動物園は幼児連れで雨でも楽しめる?

 

旭山動物園

特に幼児連れなら、北海道旅行で行きたいスポットでも上位に来るのが「旭山動物園」

  • ガラス張りの檻が多用されていて、色々な角度から見える
  • 北海道・北国ならではの動物・鳥展示
  • 小動物とのふれあいコーナーももちろん有り

とか、他とは一風変わった驚きもある動物園で、とにかく面白い!子供だけでなく大人も楽しむことができます。

で、旭山動物園は雨の日に行っても楽しめるのか?という点ですが、正直あまりオススメはできません。

実際に我が家が行った日は薄曇りで雨には祟られなかったのですが、

子供連れで雨ならやっぱり厳しいな~

と思いました。

動物を見られる厩舎は屋内も多いですが、とにかく園内が広いので、移動に時間がかかります。

根性で傘や雨ガッパを使いながら回るのも否定はしませんが、快適に楽しむ・・というのは難しい印象です。

 

旭川市内の無料室内遊び場「もりもりパーク」

もりもりパーク
せっかく旭山動物園に行こうと思ったのに、雨だった・・という幼児連れの方にオススメしたいのが、旭川市内にある「もりもりパーク」です。

屋内にある無料の遊び場で、

  • 木製遊具
  • 滑り台
  • ボールプール

など、子供が楽しめそうな設備が広いフロア内に満載!

全国にチェーン展開されてる、どこにでもありそうな屋内の有料の遊び場とは違う!というのも魅力的なポイントです。

我が家は幸運にも?利用せずに済みましたが、旅行の日程にもっと余裕があれば、

雨じゃなくても行ってみたかったね~

と感じるスポット。

利用は事前予約の会員優先(オンライン予約可能)となっているので、検討している方は早めの予約をオススメします。

⇒もりもりパーク公式サイト

 

富良野は幼児連れで雨でも楽しめる?

富良野 ファーム富田

ラベンダーをはじめ、色とりどりの花が咲き誇る富良野。

初夏の北海道なら外したくないスポットで、雨さえ降らなければ子供連れでも楽しめます。

一口に「富良野」といっても、その中で色々な農園に分かれていますが、もしも行くなら有名な「ファーム富田」がオススメ。

シーズンにはラベンダー以外にも様々な種類の花畑を楽しむことができますし、売店も充実。

また、ここで売られている「ラベンダーソフトクリーム」は初夏の北海道らしい、他では食べられない爽やかな味わい。一食の価値アリです。

ラベンダーソフトクリーム

とはいうものの、長居すると、子供はすぐに飽きてしまう可能性大です。実際我が家もそうでした・・

で、もし雨になってしまうとどうなのか?

富良野も、旭山動物園と同じく、いやそれ以上に厳しいか・・という印象。

なにせ外ですので、雨が降ると非難する場所も売店くらいしかないですし、お花畑も当然のごとく楽しむことができません。

曇り空なら100%の景色とは言わずとも楽しむことができますが、雨の場合は敬遠した方が無難でしょう。

 

アンパンマンショップふらの店

アンパンマンショップ

富良野目指して行ったのに、当日は雨・・。

そんな時は、ふらのジャム園の中にあるアンパンマンショップに立ち寄ってみるといいかもしれません。

あまり大きな施設ではありませんが、

  • アンパンマングッズの販売
  • グッズで遊べる、無料の幼児用プレイルーム
  • アンパンマンの作者、やなせたかし先生ゆかりの品の展示

などがされていて、オムツ替えスペースもあります。

特に小学生未満の幼児ならアンパンマンが好きな子は多いので、逆に花畑を見るよりこちらの方が楽しめるかもしれません(笑)

⇒アンパンマンショップふらの




 

支笏湖は雨でも楽しめる?

支笏湖 ビジターセンター

北海道の西部に位置する支笏湖。

前にサミットが行われた洞爺湖からも近い湖で、札幌や新千歳から車で1時間程度とアクセスも良好です。

我が家はこの支笏湖から車で30分くらい行った温泉リゾート、「森のソラニワ」に宿泊したこともあって観光に行きました。

森のソラニワはプール・遊び場が充実!幼児におすすめの北海道リゾート

2018年4月にリニューアルオープンした、北海道のリゾートホテル「森のソラニワ」。 初夏の7月に幼児含む子供3人、親、じいちゃんばあちゃんの3世代で一泊二日宿泊! 天候はちょっと残念ながらの小雨模様で ...

続きを見る

が、当日は無念の雨。(苦笑)

朝の時点で天気はわかってたので、

雨で湖ってホントに大丈夫かな~・・

と心配しながらも、ルート上ほかに行くとこもないし・・ということで立ち寄ることに。

雨でもそれなりに楽しめた支笏湖

天気が良ければ湖の周りを散策したり、スワンボートに乗ったりして楽しもうかと考えていましたが、小雨なのでさすがにそれは叶わず・・。

ただ、湖にはビジターセンターがあって、観光案内や支笏湖まわりの地理や歴史、生息している生物の飼育などがされています。

また、遊覧船に関しては雨でも特に問題なく乗ることができました。

遊覧船はちゃんと屋根がありますし、また船の半分は水面下に潜っていて、湖の中の様子が見られるようになっています。

雨の具合によっては湖の中が濁ってしまうこともあるようですが、行った日はそこまででなく、泳いでいる魚や湖底の特徴的な地形も見ることができました。

もちろん晴れていればそれが一番でしたが、心配したほど何もできないというわけでなく、それなりに楽しめたので良かったです。

我が家は昼食をここでとりましたが、ビジターセンターの周りには軽食の屋台や食事処もありますよ!

 

幼児連れで雨なら札幌ドームも面白そう

旅行前、すでに雨の可能性があることをわかっていたので、

  • 幼児が楽しめて
  • 屋内で
  • 北海道らしく、他の場所には無さそうな施設

をいろいろ調査していました。

上記でいくつか紹介したものもそうですが、あと他に「札幌ドーム」もいいかな~と思った施設です。

結果的に今回行く機会はありませんでしたが、ドーム内には

  • 小学4年生以下が対象の複合遊具「キッズパーク」
  • 2歳以下の子供が対象のベビーコーナー

があり、イベントがない日でも、無料で利用可能となっています。

ドームは広くて子供のテンションも上がるでしょうし、展望台やレストランもあります。

他には無い設備・・という意味でも、検討の価値があると思います。

⇒札幌ドーム キッズパーク

 

-北海道, 幼児連れ旅行記
-,

Copyright© LeGoon Blog-我が家の忘備録- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.